「過積載」や「スーパー過積載」という言葉が毎日のように社内で飛び交っています。

つい最近まで、産業用太陽光発電はバブルと言われていました。
売電単価が高く、パワコン容量と同程度のパネルを設置すれば5~6年もあれば簡単に投資回収ができました。
残りの14~5年は、ぼろもうけです。
しかし売電価格が24円/kwhまで下がった今、同じようなシステムでは経済的メリットを出すことはなかなか難しくなってきています。
そんな中、色々な事を考える人が出てくる様で…悪い条件の中、少しでも売電量を増やそうと競い合うように流行り始めたのが「過積載」という設置方法。
元々あった考え方ですが、過積載率はどんどん増えています。コレ考えた人、ホント頭いいと思います!

img

「過積載」は簡単に言うとパワコンの容量以上にパネル容量を増やし「朝・晩・曇り」など、発電条件が悪い時の発電量の底上げをしてしまおうというシステム。

太陽光発電はパワコンの容量より多くの電気を電力会社に流す事ができないので、
逆に天気が良く、発電に恵まれた時は、パワコン容量を超えた電力はカットされてしまいます。いわゆるピークカットです。
ピークカットされた電力より、朝晩等に底上げされた電力が多ければ、それが「過積載」のメリットとなります。
今はここまでしないと太陽光発電で有効な投資回収はできないんです。
※ちなみに、このカットされた電力を蓄電池に貯め込むという新しい考え方も出てきています。

余談ですが、この「過積載」、パネルをなるべく多く載せた方が得と考える方もいるようですが、
パネル枚数が増えるだけ投資金額も増えていくので、一概にそうとは言えません。
どの枚数が一番適正なのか、シミュレーションをしてみると良いでしょう。

私もお客様(販売店)から「過積載」に関しての多くの問い合わせをいただきます。
なかでも多いのは…「何直列までいけるの?」、「このパワコンはモジュール何枚まで接続していいの?」等、接続枚数に関する質問です。
要は、皆さんなるべく多くパネルを売りたい訳です。もちろん、多く売っていただければ我社も助かります!
次に多いのが、「過積載って保証でるの?」です。これはメーカー保証、すなわち10年や15年のシステム保証の事を言っています。
過積載までして、さらにメーカーのシステム保証まで欲しがるとは、なんとも欲張りな…いや、堅実な考えです。
中には保証は無くとも、過積載の増益分で故障に備えるという方もいますが、やはり保障はあった方が安心です。

という事で、今回はこの「過積載」、どこまで「メーカー保証」が出るかを調べてみました。

さて、この業界の方ならすでにお分かりの事ですが、住宅用、産業用問わず太陽光発電は、ほとんどが過積載で設計されます。
基本的にはパワコン容量<パネル容量となり、パワコンに対して120%ぐらいのパネル容量が普通ではないでしょうか

現在メーカーはどれだけの過積載までシステム保証を出しているのでしょうか。
残りの文字数も少なくなってきました…(笑)
てっとり早く、知り合いのカナディアンソーラーの営業に聞いてみました。

 

カナディアンソーラーは2016年7月から過積載(カナディアンソーラーでは高積載と統一表記している)のシステムにもシステム保証を出しており、
この「高積載」を設計する際のパワコン別ストリングス表もパートナーサイトに掲載しています。
では、実際どこまで保証対象になるのでしょうか?
産業用に多用される屋外用パワコンと265W多結晶パネル(CS6P-265P)の組み合わせで比較してみました。

 

結果は…

img2

 

システム保証範囲内で最も過積載可能なのはデルタ電子の5.9kWの単相パワコン(RPI H6J(P))となりました。40枚接続で10.60kW 過積載率なんと179%です。
次が田淵電機製の三相EPU-T99P5-SFLで173%
続くのがオムロン製のCSR55G1Bの173%となります。

特筆すべきは、さらに有償オプションでエクストラ保証に加入するとなんとシステム保証が15年まで延長されるという事です。
これが今回のタイトル「スーパー過積載で15年のシステム保証をもらう方法」の正体です。
(ちなみに50kWの低圧システムを設計する場合は田淵の三相9.9kW(T99P5-SFL)5台が、接続可能枚数325枚(86.125kW) の174%と保証範囲内では一番過積載率が高くなります。)

今回、カナディアンソーラーのステマのような記事になってしまいましたが、同じ海外メーカーの中にはさらに上手がいるようで、
過積載率200%でシステム保証を出しているところもあるそうです。

 

またの機会にご紹介できればと思います。

 

(記:高橋努)

 

保存

保存

保存

http://res.cloudinary.com/hcjrza45j/image/upload/h_768,w_1024/v1478840848/589e77d4ea0367ef7486169d62e873c7_m_yerwm8_diiib7.jpghttp://res.cloudinary.com/hcjrza45j/image/upload/c_crop,h_1440,w_1440,x_240,y_0/h_150,w_150/v1478840848/589e77d4ea0367ef7486169d62e873c7_m_yerwm8_diiib7.jpgaltenergy創る「過積載」や「スーパー過積載」という言葉が毎日のように社内で飛び交っています。 つい最近まで、産業用太陽光発電はバブルと言われていました。 売電単価が高く、パワコン容量と同程度のパネルを設置すれば5~6年もあれば簡単に投資回収ができました。 残りの14~5年は、ぼろもうけです。 しかし売電価格が24円/kwhまで下がった今、同じようなシステムでは経済的メリットを出すことはなかなか難しくなってきています。 そんな中、色々な事を考える人が出てくる様で…悪い条件の中、少しでも売電量を増やそうと競い合うように流行り始めたのが「過積載」という設置方法。 元々あった考え方ですが、過積載率はどんどん増えています。コレ考えた人、ホント頭いいと思います! 「過積載」は簡単に言うとパワコンの容量以上にパネル容量を増やし「朝・晩・曇り」など、発電条件が悪い時の発電量の底上げをしてしまおうというシステム。 太陽光発電はパワコンの容量より多くの電気を電力会社に流す事ができないので、 逆に天気が良く、発電に恵まれた時は、パワコン容量を超えた電力はカットされてしまいます。いわゆるピークカットです。 ピークカットされた電力より、朝晩等に底上げされた電力が多ければ、それが「過積載」のメリットとなります。 今はここまでしないと太陽光発電で有効な投資回収はできないんです。 ※ちなみに、このカットされた電力を蓄電池に貯め込むという新しい考え方も出てきています。 余談ですが、この「過積載」、パネルをなるべく多く載せた方が得と考える方もいるようですが、 パネル枚数が増えるだけ投資金額も増えていくので、一概にそうとは言えません。 どの枚数が一番適正なのか、シミュレーションをしてみると良いでしょう。 私もお客様(販売店)から「過積載」に関しての多くの問い合わせをいただきます。 なかでも多いのは…「何直列までいけるの?」、「このパワコンはモジュール何枚まで接続していいの?」等、接続枚数に関する質問です。 要は、皆さんなるべく多くパネルを売りたい訳です。もちろん、多く売っていただければ我社も助かります! 次に多いのが、「過積載って保証でるの?」です。これはメーカー保証、すなわち10年や15年のシステム保証の事を言っています。 過積載までして、さらにメーカーのシステム保証まで欲しがるとは、なんとも欲張りな…いや、堅実な考えです。 中には保証は無くとも、過積載の増益分で故障に備えるという方もいますが、やはり保障はあった方が安心です。 という事で、今回はこの「過積載」、どこまで「メーカー保証」が出るかを調べてみました。 さて、この業界の方ならすでにお分かりの事ですが、住宅用、産業用問わず太陽光発電は、ほとんどが過積載で設計されます。 基本的にはパワコン容量<パネル容量となり、パワコンに対して120%ぐらいのパネル容量が普通ではないでしょうか 現在メーカーはどれだけの過積載までシステム保証を出しているのでしょうか。 残りの文字数も少なくなってきました…(笑) てっとり早く、知り合いのカナディアンソーラーの営業に聞いてみました。   カナディアンソーラーは2016年7月から過積載(カナディアンソーラーでは高積載と統一表記している)のシステムにもシステム保証を出しており、 この「高積載」を設計する際のパワコン別ストリングス表もパートナーサイトに掲載しています。 では、実際どこまで保証対象になるのでしょうか? 産業用に多用される屋外用パワコンと265W多結晶パネル(CS6P-265P)の組み合わせで比較してみました。   結果は…   システム保証範囲内で最も過積載可能なのはデルタ電子の5.9kWの単相パワコン(RPI H6J(P))となりました。40枚接続で10.60kW 過積載率なんと179%です。 次が田淵電機製の三相EPU-T99P5-SFLで173% 続くのがオムロン製のCSR55G1Bの173%となります。 特筆すべきは、さらに有償オプションでエクストラ保証に加入するとなんとシステム保証が15年まで延長されるという事です。 これが今回のタイトル「スーパー過積載で15年のシステム保証をもらう方法」の正体です。 (ちなみに50kWの低圧システムを設計する場合は田淵の三相9.9kW(T99P5-SFL)5台が、接続可能枚数325枚(86.125kW) の174%と保証範囲内では一番過積載率が高くなります。) 今回、カナディアンソーラーのステマのような記事になってしまいましたが、同じ海外メーカーの中にはさらに上手がいるようで、 過積載率200%でシステム保証を出しているところもあるそうです。   またの機会にご紹介できればと思います。   (記:高橋努)   保存 保存 保存-再生可能エネルギーの総合情報サイト-

関連記事はこちら