Share on LinkedIn
Pocket

 太陽光発電システムの導入を考えていく上において、自分たちで購入をしていきたいと思う企業さまも数多く存在します。その中で、意外と見落としがちな部分でもある設置後の話に関して今回はお伝えできればと思います。


    読者の皆さまに於かれましては、PPAという言葉もそろそろ馴染みが出てきた感じではないかと思います。初期費用もメンテナンスなどの管理維持費用も無償という導入方法です。


それに対して、EPC(Engineering:設計、Procurement:調達、Construction:建設)というのはあまり馴染みのない言葉かもしれません。EPCとは、太陽光発電設備の販売から設置までを一気通貫で請負う形を指しますが、ここでは「PPA=無償設置」の対義語としての意味、つまり「EPC=有償設置、購入モデル」ということを指します。

メンテナンスという視点から見たPPAとEPCのメリット/デメリット

 おさらいの意味も含めて、まずは簡単にPPAモデルとEPCモデルのメリット/デメリットについて触れていきたいと思います。

【PPAモデル】
《メリット》

  1. 自分たちで発電設備の管理が不要となる
  2. 発電低下リスクはPPA事業者が負う
  3. PPA事業者の判断(点検頻度や洗浄含む)でメンテナンスを行う

他にも費用面でのメリットなどが多々ありますが、今回のテーマに限った話で言えばさほど重要ではないため割愛します。

《デメリット》

  • 長期契約となる
  • 途中解約となった場合に違約金が発生する
  • 経済効果はEPCモデルの方が高い

そもそもPPAモデルが成立しない場合などもあります。など

【EPCモデル】
《メリット》

  1. 税制優遇が受けられる
  2. PPAモデルと比べて経済効果が高い

《デメリット》費用面(予算取り含め)も含めていくつかありますが、
あえて絞ると「メンテナンスが必要」ということがあります。

 もちろん「全て自社でやる」というお客さまもいますが、なかなか現実的ではない場合もあると思います。

そうなるとメンテナンス業者に委託をするというのが必然的な流れとなりますよね。

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_768,w_1024/v1632878835/1976990_m_rjfzkl.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_1440,w_1440,x_240,y_0/h_150,w_150/v1632878835/1976990_m_rjfzkl.jpgaltenergy保守施工 太陽光発電システムの導入を考えていく上において、自分たちで購入をしていきたいと思う企業さまも数多く存在します。その中で、意外と見落としがちな部分でもある設置後の話に関して今回はお伝えできればと思います。     読者の皆さまに於かれましては、PPAという言葉もそろそろ馴染みが出てきた感じではないかと思います。初期費用もメンテナンスなどの管理維持費用も無償という導入方法です。 それに対して、EPC(Engineering:設計、Procurement:調達、Construction:建設)というのはあまり馴染みのない言葉かもしれません。EPCとは、太陽光発電設備の販売から設置までを一気通貫で請負う形を指しますが、ここでは「PPA=無償設置」の対義語としての意味、つまり「EPC=有償設置、購入モデル」ということを指します。 メンテナンスという視点から見たPPAとEPCのメリット/デメリット  おさらいの意味も含めて、まずは簡単にPPAモデルとEPCモデルのメリット/デメリットについて触れていきたいと思います。 【PPAモデル】《メリット》 自分たちで発電設備の管理が不要となる発電低下リスクはPPA事業者が負うPPA事業者の判断(点検頻度や洗浄含む)でメンテナンスを行う 他にも費用面でのメリットなどが多々ありますが、今回のテーマに限った話で言えばさほど重要ではないため割愛します。 《デメリット》 長期契約となる途中解約となった場合に違約金が発生する経済効果はEPCモデルの方が高い そもそもPPAモデルが成立しない場合などもあります。など 【EPCモデル】《メリット》 税制優遇が受けられるPPAモデルと比べて経済効果が高い 《デメリット》費用面(予算取り含め)も含めていくつかありますが、あえて絞ると「メンテナンスが必要」ということがあります。  もちろん「全て自社でやる」というお客さまもいますが、なかなか現実的ではない場合もあると思います。 そうなるとメンテナンス業者に委託をするというのが必然的な流れとなりますよね。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2