Share on LinkedIn
Pocket

2021年4月22日に日本は2030年に向けた温暖化ガスの排出削減目標に関して、2013年度比46%減という目標を気候変動に関する首脳会談で表明しました。それまでの目標は26%の削減でしたので、かなりの大幅なアップです。これは今までとは次元の違うレベルの削減目標ですので、今後は「この目標をどの様に達成をしていくのか」という具体的な方法を探していくという世界のスタンダードが日本でもスタンダードなものになっていくのだと思います。

出典:首相、2030年度温室効果ガス「46%削減目指す」

今後、再生可能エネルギーの分野はさらに注目を浴び需要が供給に追いつかない状態になるのかもしれないと言うことは、太陽光パネル価格の上昇等も踏まえて肌で感じていることなのですが、今回はもはや今後更なる普及を目指すのであれば必然と言われている「あるアイテム」に焦点を絞ってお話をしていきたいと思います。

再生可能エネルギーの中でも、今後どんどん伸びて行くのは、電源開発の容易さと発電コストの安さと言う視点で考えてみると太陽光発電であると言われています。ある意味補助金等がなくても、既存の電源よりも安い単価を実現していますのでそれはそうなのかなと思いますが、削減目標を達成するための目の上のタンコブと言う感じの問題点が存在しています。太陽光パネルを「実際にどこに置くのか」ということももちろん問題なのですが、その根本にある問題点は「気ままな電源である太陽光発電の電力をどのように送配電網で受け止めるのか」という点です。送配電網の原則は使う電力と作る電力が一緒(需要と供給の一致)ということなので、なんらかの機能を持って調整をしていかなければなりません。その重要な役割を担うと言われているのが蓄電池です。

つまり「あるアイテム」とは「蓄電池」です。

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1620364313/6669b3aa053dd91ce705987083a16fbb_ccgs8i.pnghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_591,w_591,x_202,y_0/h_150,w_150/v1620364313/6669b3aa053dd91ce705987083a16fbb_ccgs8i.pngaltenergy初めての太陽光自家消費シリーズ自家消費連載2021年4月22日に日本は2030年に向けた温暖化ガスの排出削減目標に関して、2013年度比46%減という目標を気候変動に関する首脳会談で表明しました。それまでの目標は26%の削減でしたので、かなりの大幅なアップです。これは今までとは次元の違うレベルの削減目標ですので、今後は「この目標をどの様に達成をしていくのか」という具体的な方法を探していくという世界のスタンダードが日本でもスタンダードなものになっていくのだと思います。 出典:首相、2030年度温室効果ガス「46%削減目指す」 今後、再生可能エネルギーの分野はさらに注目を浴び需要が供給に追いつかない状態になるのかもしれないと言うことは、太陽光パネル価格の上昇等も踏まえて肌で感じていることなのですが、今回はもはや今後更なる普及を目指すのであれば必然と言われている「あるアイテム」に焦点を絞ってお話をしていきたいと思います。 再生可能エネルギーの中でも、今後どんどん伸びて行くのは、電源開発の容易さと発電コストの安さと言う視点で考えてみると太陽光発電であると言われています。ある意味補助金等がなくても、既存の電源よりも安い単価を実現していますのでそれはそうなのかなと思いますが、削減目標を達成するための目の上のタンコブと言う感じの問題点が存在しています。太陽光パネルを「実際にどこに置くのか」ということももちろん問題なのですが、その根本にある問題点は「気ままな電源である太陽光発電の電力をどのように送配電網で受け止めるのか」という点です。送配電網の原則は使う電力と作る電力が一緒(需要と供給の一致)ということなので、なんらかの機能を持って調整をしていかなければなりません。その重要な役割を担うと言われているのが蓄電池です。 つまり「あるアイテム」とは「蓄電池」です。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2