Share on LinkedIn
Pocket

 

 
機械はいまどきのパソコンやスマホと違い、必要最低限の電力で長時間動かさなければいけないことが多いので、
より効率的な言葉を選ぶ必要があります。
そういった工夫の中で、パソコンやインターネットとは異なる、独自の分野として発展してきました。
 
しかし、各機器の言葉が全てバラバラでは導入に時間がかかるので、共通化された言葉がいくつかあります。
まずケーブルの接続方法に、RS-232、RS-485、大手メーカーの専用ケーブル、
パソコンでも使うEthernet(LAN)、USBなどの規格があります。ケーブル束の何番目を何に使うかなどの定義です。
そのインターフェースで繋いだ上で、データの読み込み・書き込みなどのコマンドや、
どうデータを返すかを共通化した言葉が、modbusプロトコル、シリアル通信コマンド、大手メーカーの専用プロトコルなどです。
 
 
一方で、インターネットでは基本的には共通のTCP/IP(近頃はTCP以外もIPネットワークで使用されます)
という通信プロトコルで、パソコンやスマホとやりとりしています。
 
 
かつてはパソコン通信としていくつかの通信網がありましたが、
今ではインターネットが世界中のサーバーやパソコンやスマートホンを繋いでいます。
利用者が増えれば技術が向上しますので通信速度も機器の処理速度も上がり、
まるでパソコン同士、スマホ同士でコミュニケーションしているかのような使い方が可能になりました。
(パソコン同士で繋ぐプロトコルは別にあります)
機械制御と違い、家庭や会社で潤沢な電源が確保されている前提だったこともあり、
AIなど様々な技術がインターネットありきで発展してきました。
 
今や、インターネットは社会の重要なインフラです。
 
そうなると、独自の世界を築いていた機械のコンピューターも、インターネットに繋げばより便利になる気がしますね。
現地のコンピューターを、インターネットに繋いで、インターネットの言語も使えるようにすればIoTではないかと思われますが、
こういうシステムはIoTが話題になる前からありました。
 
 
 
https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_576,w_1024/v1530231102/5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8_mtklcy.pnghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_720,w_720,x_280,y_0/h_150,w_150/v1530231102/5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8_mtklcy.pngaltenergy技術ecology    機械はいまどきのパソコンやスマホと違い、必要最低限の電力で長時間動かさなければいけないことが多いので、 より効率的な言葉を選ぶ必要があります。 そういった工夫の中で、パソコンやインターネットとは異なる、独自の分野として発展してきました。   しかし、各機器の言葉が全てバラバラでは導入に時間がかかるので、共通化された言葉がいくつかあります。 まずケーブルの接続方法に、RS-232、RS-485、大手メーカーの専用ケーブル、 パソコンでも使うEthernet(LAN)、USBなどの規格があります。ケーブル束の何番目を何に使うかなどの定義です。 そのインターフェースで繋いだ上で、データの読み込み・書き込みなどのコマンドや、 どうデータを返すかを共通化した言葉が、modbusプロトコル、シリアル通信コマンド、大手メーカーの専用プロトコルなどです。     一方で、インターネットでは基本的には共通のTCP/IP(近頃はTCP以外もIPネットワークで使用されます) という通信プロトコルで、パソコンやスマホとやりとりしています。     かつてはパソコン通信としていくつかの通信網がありましたが、 今ではインターネットが世界中のサーバーやパソコンやスマートホンを繋いでいます。 利用者が増えれば技術が向上しますので通信速度も機器の処理速度も上がり、 まるでパソコン同士、スマホ同士でコミュニケーションしているかのような使い方が可能になりました。 (パソコン同士で繋ぐプロトコルは別にあります) 機械制御と違い、家庭や会社で潤沢な電源が確保されている前提だったこともあり、 AIなど様々な技術がインターネットありきで発展してきました。   今や、インターネットは社会の重要なインフラです。   そうなると、独自の世界を築いていた機械のコンピューターも、インターネットに繋げばより便利になる気がしますね。 現地のコンピューターを、インターネットに繋いで、インターネットの言語も使えるようにすればIoTではないかと思われますが、 こういうシステムはIoTが話題になる前からありました。      -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3