Pocket

【今のような電力生活】

 

もしも電気を安いコストで貯めておくことが出来たなら。

 

なんでこんな前置きから話を進めようとしているかというと、

近い将来このことが出来なかったら「今のような電力生活」を送り続けることは限界が来るかもしれないからである。

 

現代生活がいかに電気によって成り立っているのかということを語る必要性は感じないが、

「今のような電力生活」がいかに素晴らしいのかということを語らない訳にはこの話は進まない。

 

「どこに住んでいようが必要と思われる電力は電力会社にお願いするとそこまでの送電線を設置してくれる」

当たり前かもしれないがこれが電力のユニバーサルサービスというものである。

海外では日本ほど電線を設置してくれる国は無いのではないかと思われる。

 

都会に住んでいるのであれば、よくわからないのかもしれないが、ある一定の範囲内であれば電線を引いてくれる。

それは電線を設置するコストを計算して、販売する電力から得られる収支計算をして、

必ず一定期間使ってくださいとか、特別に追加料金を頂きますが、とかそんな要求は無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


また電力事業者にはみんなが使う電力を見越して電力を供給する義務があり、それを同時同量制度という。

ドライヤーを使うときに、「朝の7時から15分だけ1,000Whほど使います。」

という様なことをやる必要が無く、コンセントにプラグを刺すことで自由に電気を使うことが出来るのは、

電力会社がその義務を果たしてくれているおかげである。

 

そのありがたみがあまりにも日常的過ぎて、ちょっとよくわからなくなってしまうが、

このようなことを電力会社が担ってくれているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1519958777/sora_nbdmbb.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_587,w_587,x_106,y_0/h_150,w_150/v1519958777/sora_nbdmbb.jpgaltenergy蓄電costdown【今のような電力生活】   もしも電気を安いコストで貯めておくことが出来たなら。   なんでこんな前置きから話を進めようとしているかというと、 近い将来このことが出来なかったら「今のような電力生活」を送り続けることは限界が来るかもしれないからである。   現代生活がいかに電気によって成り立っているのかということを語る必要性は感じないが、 「今のような電力生活」がいかに素晴らしいのかということを語らない訳にはこの話は進まない。   「どこに住んでいようが必要と思われる電力は電力会社にお願いするとそこまでの送電線を設置してくれる」 当たり前かもしれないがこれが電力のユニバーサルサービスというものである。 海外では日本ほど電線を設置してくれる国は無いのではないかと思われる。   都会に住んでいるのであれば、よくわからないのかもしれないが、ある一定の範囲内であれば電線を引いてくれる。 それは電線を設置するコストを計算して、販売する電力から得られる収支計算をして、 必ず一定期間使ってくださいとか、特別に追加料金を頂きますが、とかそんな要求は無い。                   また電力事業者にはみんなが使う電力を見越して電力を供給する義務があり、それを同時同量制度という。 ドライヤーを使うときに、「朝の7時から15分だけ1,000Whほど使います。」 という様なことをやる必要が無く、コンセントにプラグを刺すことで自由に電気を使うことが出来るのは、 電力会社がその義務を果たしてくれているおかげである。   そのありがたみがあまりにも日常的過ぎて、ちょっとよくわからなくなってしまうが、 このようなことを電力会社が担ってくれているのである。                  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3 4