Pocket

 

 

 

※結論を先に知りたい方は、四章へ

 

 

一章: 突然訪れたFIT法改正

それは、突然訪れた(ように感じた)。2017年4月1日のFIT法(※)改正。

既に再エネ設備を設置済みの方も、設置を検討中の方も、販売業者や施工業者等、多くの関係者がそのように感じたのではないでしょうか。

その内容はと言えば、新規認定の手続きを大幅に変更すると共に、

300万件を超える認定済み設備にも期限内に事業計画書の提出を求めるという大掛かりなものでした。

 

にもかかわらず、事前の周知期間が短く、内容も十分と言えなかったこともあり、突然感のある改正となりました。

制度見直しの背景(目的)は、「再生可能エネルギーの最大限の導入と国民負担の抑制の両立を図るべく、コスト効率的な導入拡大が必要」(平成29年3月/資源エネルギー庁/直前説明会資料)とされています。

 

また、従来制度の問題点は、大きく二つ。

・「未稼働案件」(売電単価の権利確保のみ行い、実際に稼働していない案件 → 無効にしたい

・「発電事業の把握」(不適正な事業による環境や地域との問題の発生 → 防ぎたい

※FIT法(固定価格買取制度) 再エネで発電した電気を、国が決めた価格で、一定期間買い取るよう、電力会社に義務付けた制度。2012年7月施行。

 

 

二章: FIT新制度の手続き

新制度における認定は、「設備認定」から「事業計画認定」に変更となっています。

従来とは手続きの順番を入れ替え、電力会社との接続契約を先に締結することで発電事業実施の確実性を高め、上記の問題点の解消を図っています。

これにより、認定取得は接続契約締結後となり、買取価格の決定時期も、認定の取得日となります。

 

 

http://www.tepco.co.jp/pg/consignment/fit/about.html

(引用:「制度の変更点について」  東京電力パワーグリッド)

 

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_683,w_1024/v1517897629/e74a87fcce7b5bca25353bfce646b57f_m_pgnsii.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_1280,w_1280,x_320,y_0/h_150,w_150/v1517897629/e74a87fcce7b5bca25353bfce646b57f_m_pgnsii.jpgaltenergy保守costdown      ※結論を先に知りたい方は、四章へ     一章: 突然訪れたFIT法改正 それは、突然訪れた(ように感じた)。2017年4月1日のFIT法(※)改正。 既に再エネ設備を設置済みの方も、設置を検討中の方も、販売業者や施工業者等、多くの関係者がそのように感じたのではないでしょうか。 その内容はと言えば、新規認定の手続きを大幅に変更すると共に、 300万件を超える認定済み設備にも期限内に事業計画書の提出を求めるという大掛かりなものでした。   にもかかわらず、事前の周知期間が短く、内容も十分と言えなかったこともあり、突然感のある改正となりました。 制度見直しの背景(目的)は、「再生可能エネルギーの最大限の導入と国民負担の抑制の両立を図るべく、コスト効率的な導入拡大が必要」(平成29年3月/資源エネルギー庁/直前説明会資料)とされています。   また、従来制度の問題点は、大きく二つ。 ・「未稼働案件」(売電単価の権利確保のみ行い、実際に稼働していない案件 → 無効にしたい) ・「発電事業の把握」(不適正な事業による環境や地域との問題の発生 → 防ぎたい) ※FIT法(固定価格買取制度) 再エネで発電した電気を、国が決めた価格で、一定期間買い取るよう、電力会社に義務付けた制度。2012年7月施行。     二章: FIT新制度の手続き 新制度における認定は、「設備認定」から「事業計画認定」に変更となっています。 従来とは手続きの順番を入れ替え、電力会社との接続契約を先に締結することで発電事業実施の確実性を高め、上記の問題点の解消を図っています。 これにより、認定取得は接続契約締結後となり、買取価格の決定時期も、「認定の取得日」となります。     http://www.tepco.co.jp/pg/consignment/fit/about.html (引用:「制度の変更点について」  東京電力パワーグリッド)    -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2