結婚して子供ができて貸家住まいになった時、

電力契約はずっと20A(アンペア)だった。

その後、戸建の家に移り住み、

今とあまり変わらない種類の電化製品を入れた時でさえ30Aだった。

当初、冷房はなかったと思うが、冷房が入っても30Aのままであった。

時々、電子レンジなどと掃除機を同時に使用すると、ブレーカーが落ちた。

その時は、「また落ちたか」と皆で笑いながら、どちらかを止めたりしたものだ。

一昔前のブレーカーと違ってスイッチを上げるだけで済む。

余談ではあるが、昔のブレーカーは、

「落ちて」しまうとヒューズが溶けてしまい、

交換が必要だったのである(【安全器】という)。

それに比べれば「スイッチを上げる」という行為は非常に簡単であった。

 

子供たちが大きくなって独立し、

夫婦二人だけでマンションで暮らす様になった時、

マンションは40Aが標準だったが、

そんなに必要ないので30Aに変更してもらった。

電力料金の基本料金はたかが10Aの差であっても随分差があるものだ。

相変わらず、同時に電気をたくさん使う時にブレーカーが落ちたが、

その都度スイッチを上げるだけ。

しかも頻度にして年に2~3回だと思う。

 

 

今は私の母と家内と二世帯で暮らしているが、

太陽光パネルを導入したタイミングで電力契約を一世帯に統合した。

そのため、念のため40Aで契約し直した。

40Aも必要ないとわかった場合は、いずれまた契約電力を落とすつもりでいる。

もっとも、今や「電力自由化」の時代であるので、半年ぐらいして落ち着いたら、

東京電力から新電力(特に再生エネルギーが主体の電力会社)に

変えてみても良いかと思っている。

そうなれば 24時間365日、原発の電力を使わずに済むからである。

 

(記:小野 令)

 

 

*************記者紹介*************

元構造解析技術者。

地震大国日本で、原発再稼働に対して異議を唱える。

25年前から埼玉県ときがわ町をフィールドとした月イチ林業隊にて間伐、

下草刈り活動を継続中。

定年後、多摩市グリーンボランティアに参加。DIY好き。

現在はフレンドツリーサポーターズの副代表を務める。

年間50日程、山仕事に従事している。

2017年8月より自立循環型住宅(通称オフグリッド生活)にて新たな挑戦を開始。


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1506588852/554fb206e4c29ff3f9d1bf4a346b0749_gmkpu6.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_389,w_389,x_87,y_0/h_150,w_150/v1506588852/554fb206e4c29ff3f9d1bf4a346b0749_gmkpu6.jpgaltenergyオフグリット生活貯めるoffgridhouse  結婚して子供ができて貸家住まいになった時、 電力契約はずっと20A(アンペア)だった。 その後、戸建の家に移り住み、 今とあまり変わらない種類の電化製品を入れた時でさえ30Aだった。 当初、冷房はなかったと思うが、冷房が入っても30Aのままであった。 時々、電子レンジなどと掃除機を同時に使用すると、ブレーカーが落ちた。 その時は、「また落ちたか」と皆で笑いながら、どちらかを止めたりしたものだ。 一昔前のブレーカーと違ってスイッチを上げるだけで済む。 余談ではあるが、昔のブレーカーは、 「落ちて」しまうとヒューズが溶けてしまい、 交換が必要だったのである(【安全器】という)。 それに比べれば「スイッチを上げる」という行為は非常に簡単であった。   子供たちが大きくなって独立し、 夫婦二人だけでマンションで暮らす様になった時、 マンションは40Aが標準だったが、 そんなに必要ないので30Aに変更してもらった。 電力料金の基本料金はたかが10Aの差であっても随分差があるものだ。 相変わらず、同時に電気をたくさん使う時にブレーカーが落ちたが、 その都度スイッチを上げるだけ。 しかも頻度にして年に2~3回だと思う。     今は私の母と家内と二世帯で暮らしているが、 太陽光パネルを導入したタイミングで電力契約を一世帯に統合した。 そのため、念のため40Aで契約し直した。 40Aも必要ないとわかった場合は、いずれまた契約電力を落とすつもりでいる。 もっとも、今や「電力自由化」の時代であるので、半年ぐらいして落ち着いたら、 東京電力から新電力(特に再生エネルギーが主体の電力会社)に 変えてみても良いかと思っている。 そうなれば 24時間365日、原発の電力を使わずに済むからである。   (記:小野 令)     *************記者紹介************* 元構造解析技術者。 地震大国日本で、原発再稼働に対して異議を唱える。 25年前から埼玉県ときがわ町をフィールドとした月イチ林業隊にて間伐、 下草刈り活動を継続中。 定年後、多摩市グリーンボランティアに参加。DIY好き。 現在はフレンドツリーサポーターズの副代表を務める。 年間50日程、山仕事に従事している。 2017年8月より自立循環型住宅(通称オフグリッド生活)にて新たな挑戦を開始。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2