省エネ法で定められたミッションを達成しないと受けるペナルティとは?

 

 

それが、2016年度からスタートした「事業者クラス分け評価制度」です。

省エネ取り組み状況に応じて事業者を「S・A・B・C」の4クラスに

ランク付けするもので、各ランクの詳細は以下のとおりです。

 

 

上に記したとおり、Bクラス以下と判断されると経産省の立入検査が入ります。

では逆に、Sクラスと評価されると何か優遇措置があるのかと思いきや、

実は何も優遇されることはありません。優良事業者として公表されるのみです。

 

実際、省エネ対策はコストがかかるフェーズに突入しています。

電気をこまめに消すといった節電対策はどこでも取り組んでいるでしょうが、

初年度の目標達成には効果的でも、継続するのには無理があるからです。

 

しかし、確かに高効率な生産設備は続々と登場していますが、

まだ十分使える設備があるのに、多額のコストをかけて交換することに対して

抵抗がある担当者の方も多いのではないでしょうか?

 

そこでぜひ注目していただきたいのが、太陽光発電システムの導入です。

なぜ省エネ法対策に効果的なのか、導入のメリットをご説明しましょう。


https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1508739595/f22e2e8c39e9381cefd6e16626ba5068_s_ayyfzm.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1508739595/f22e2e8c39e9381cefd6e16626ba5068_s_ayyfzm.jpgaltenergy創る省くecology  省エネ法で定められたミッションを達成しないと受けるペナルティとは?     それが、2016年度からスタートした「事業者クラス分け評価制度」です。 省エネ取り組み状況に応じて事業者を「S・A・B・C」の4クラスに ランク付けするもので、各ランクの詳細は以下のとおりです。     上に記したとおり、Bクラス以下と判断されると経産省の立入検査が入ります。 では逆に、Sクラスと評価されると何か優遇措置があるのかと思いきや、 実は何も優遇されることはありません。優良事業者として公表されるのみです。   実際、省エネ対策はコストがかかるフェーズに突入しています。 電気をこまめに消すといった節電対策はどこでも取り組んでいるでしょうが、 初年度の目標達成には効果的でも、継続するのには無理があるからです。   しかし、確かに高効率な生産設備は続々と登場していますが、 まだ十分使える設備があるのに、多額のコストをかけて交換することに対して 抵抗がある担当者の方も多いのではないでしょうか?   そこでぜひ注目していただきたいのが、太陽光発電システムの導入です。 なぜ省エネ法対策に効果的なのか、導入のメリットをご説明しましょう。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3