法人のお客様にお伺いすると、蓄電池への関心が高まっているのを感じます。

 

蓄電池といえば、非常時や災害時のバックアップ電源として考える経営者の方が多いようです。

工場は多くの電力を使用するため、災害や停電などが起こった際の影響は大きなものになります。

このような場合、蓄電池は有効なソリューションとなるでしょう。

 

また最近よく聞くようになったのが「ピークカット」の為の蓄電池導入です。

特に製造業、とりわけ工場では夏場や冬場のピーク時にどれだけ電力を削減できるか。

これによって、年間の電力基本料金が大きく変わってくるからです。

78d53b4798e37707da44fc708e86ad8d_m

デマンド値を下げるため、稼働時間の「ピークシフト」で電気代の安い夜間操業の併用に移行した会社もありましたが、

逆に人件費が上がってしまったそうです。

そこで、夜間の安い電力を蓄電池に溜め、昼間の電力ピーク時に流すというシステムが考えられました。

これならデマンド値を下げられ、人員への負担もありません。


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1498828024/84c5db7eb29763c329c763205f3eb796_s-1_eljvqz.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1498828024/84c5db7eb29763c329c763205f3eb796_s-1_eljvqz.jpgeneleaks貯めるcostdown法人のお客様にお伺いすると、蓄電池への関心が高まっているのを感じます。   蓄電池といえば、非常時や災害時のバックアップ電源として考える経営者の方が多いようです。 工場は多くの電力を使用するため、災害や停電などが起こった際の影響は大きなものになります。 このような場合、蓄電池は有効なソリューションとなるでしょう。   また最近よく聞くようになったのが「ピークカット」の為の蓄電池導入です。 特に製造業、とりわけ工場では夏場や冬場のピーク時にどれだけ電力を削減できるか。 これによって、年間の電力基本料金が大きく変わってくるからです。 デマンド値を下げるため、稼働時間の「ピークシフト」で電気代の安い夜間操業の併用に移行した会社もありましたが、 逆に人件費が上がってしまったそうです。 そこで、夜間の安い電力を蓄電池に溜め、昼間の電力ピーク時に流すというシステムが考えられました。 これならデマンド値を下げられ、人員への負担もありません。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2