Share on LinkedIn
Pocket

太陽光発電の発電量は、あくまでも太陽に依存しますのでMAXの発電量で送電される時間は、
一年を通じてそう多くは有りません。それでもその最大値に設備の要件があわせて設計されています。
過剰とは言わないまでも、利用率から見ると低い利用率で利用されることがほとんどです。

water_m

過積載の考え方は、この利用率を上げようとするものです。

たとえて言うならば、認定発電出力が蛇口の口のような役割となります。
どんなに水が沢山あっても(どんなに発電しても)この蛇口の口以上の水は流れません(電気が流れない)
過積載をするメリットは、この蛇口を口を拡げるためのものではなく、
できるだけその蛇口から水が出る量(電気の量)を最大にしようとするものです。

上記に記載しましたが、設備的には最大に耐えうる設備に設置時にしていますので、問題はありません。

なんら制約を受けるものではないと思います。

ちなみに経産省のHPのQ&Aには、過積載についての記述がありますが、
なんら規制を含んだものではありません。

Q4-48参照
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/faq.html

発電出力(認定発電出力)の変更がなければ、軽微変更届だけを出してくださいね、とあります。
ちゃんと軽微変更届を出せば問題ないということですね。

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_768,w_1024/v1490704376/afureru_dvizzw.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_960,w_960,x_160,y_0/h_150,w_150/v1490704376/afureru_dvizzw.jpgeneleaks発電costdown太陽光発電の発電量は、あくまでも太陽に依存しますのでMAXの発電量で送電される時間は、 一年を通じてそう多くは有りません。それでもその最大値に設備の要件があわせて設計されています。 過剰とは言わないまでも、利用率から見ると低い利用率で利用されることがほとんどです。 過積載の考え方は、この利用率を上げようとするものです。 たとえて言うならば、認定発電出力が蛇口の口のような役割となります。 どんなに水が沢山あっても(どんなに発電しても)この蛇口の口以上の水は流れません(電気が流れない) 過積載をするメリットは、この蛇口を口を拡げるためのものではなく、 できるだけその蛇口から水が出る量(電気の量)を最大にしようとするものです。 上記に記載しましたが、設備的には最大に耐えうる設備に設置時にしていますので、問題はありません。 なんら制約を受けるものではないと思います。 ちなみに経産省のHPのQ&Aには、過積載についての記述がありますが、 なんら規制を含んだものではありません。 Q4-48参照 http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/faq.html 発電出力(認定発電出力)の変更がなければ、軽微変更届だけを出してくださいね、とあります。 ちゃんと軽微変更届を出せば問題ないということですね。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3