独自のモニタリングシステムで、運用管理と保守点検のコストを大幅カット!

 

パワーオプティマイザーは、通常のシリコン系のパネルであれば2枚のパネルに1個を接続させます。

そのため、個々のパネルの発電パフォーマンスを細かく追尾することができます。

もちろん家庭用を含め、パネル1枚ごとにパワーオプティマイザーを接続することも可能です(その分コストは上がりますが)。

※家庭用の製品は、国内ではJET認証取得後に販売開始となります。

 

この2対1、1対1接続を利用したパネルレベルのモニタリングシステムにより、

パネルごとのパフォーマンスデータを収集し、

遠隔地であってもパソコンやスマートフォンの画面上でパネルごとのコンディションを確認することができます。

 

ソーラーエッジのモニタリングシステムは不具合が発生した場合、

故障箇所、故障概要、故障状況をピンポイントアラートで表示します。

これにより遠隔地からの操作によるメンテナンスを可能にしています。

 

※ソーラーエッジ社の資料より

 

従来、複数のパネルを並べた太陽光発電サイトでは、不具合の発生したパネルを発見するために多くの時間をかけていましたが、

パワーオプティマイザーのモニタリングシステムにより、ピンポイントアラートで、

不具合の発生したパネルをすぐに発見することができ、メンテナンスの時間を短縮できます。

 

遠隔地にあるサイトも、このモニタリングシステムを使って運用すれば、保守点検を計画的に行うことができます。

ソーラーエッジ社の公式資料では運用管理・保守点検(O&M)のコストを15〜20%削減できるとしています。

 


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1515984256/kage2_1_iojxrg.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_340,w_340,x_85,y_0/h_150,w_150/v1515984256/kage2_1_iojxrg.jpgaltenergy守るcostdown    独自のモニタリングシステムで、運用管理と保守点検のコストを大幅カット!   パワーオプティマイザーは、通常のシリコン系のパネルであれば2枚のパネルに1個を接続させます。 そのため、個々のパネルの発電パフォーマンスを細かく追尾することができます。 もちろん家庭用を含め、パネル1枚ごとにパワーオプティマイザーを接続することも可能です(その分コストは上がりますが)。 ※家庭用の製品は、国内ではJET認証取得後に販売開始となります。   この2対1、1対1接続を利用したパネルレベルのモニタリングシステムにより、 パネルごとのパフォーマンスデータを収集し、 遠隔地であってもパソコンやスマートフォンの画面上でパネルごとのコンディションを確認することができます。   ソーラーエッジのモニタリングシステムは不具合が発生した場合、 故障箇所、故障概要、故障状況をピンポイントアラートで表示します。 これにより遠隔地からの操作によるメンテナンスを可能にしています。   ※ソーラーエッジ社の資料より   従来、複数のパネルを並べた太陽光発電サイトでは、不具合の発生したパネルを発見するために多くの時間をかけていましたが、 パワーオプティマイザーのモニタリングシステムにより、ピンポイントアラートで、 不具合の発生したパネルをすぐに発見することができ、メンテナンスの時間を短縮できます。   遠隔地にあるサイトも、このモニタリングシステムを使って運用すれば、保守点検を計画的に行うことができます。 ソーラーエッジ社の公式資料では運用管理・保守点検(O&M)のコストを15〜20%削減できるとしています。  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3