Share on LinkedIn
Pocket

 

3.ホームセンター・家電量販店など

 

太陽光発電システムの販売に力を入れるホームセンターや家電量販店が増えています。

確かに、買い物のついでなど、気軽に相談できるのは大きなメリットでしょう。

 

しかし、見逃せないのは、実際の施工を行うのが委託業者であるという点です。

つまり、実質的には販売代理店として機能していますので、

どうしても価格は割高になってしまいます。

個別の分析は控えますが、おおよそ2割増の価格を上乗せしているケースが大半です。

 

また、どのような業者が施工を手がけるのか不透明なのも不安要素です。

一貫した対応を希望する人には向いていないのではないでしょうか。

 

4.ハウスメーカー

 

家庭用の太陽光発電システムは、原則として屋根に設置しますので、

新築時ならば同時に取り付けたほうがスムーズなことは確かです。

設置を前提とした設計ができるので

最適な屋根材、屋根勾配が選べますし、効率的な配線もできます。

大手ハウスメーカーが扱う屋根一体型パネルは、デザイン性も優れています。

 

ただし、ハウスメーカーは太陽光発電システムの専門ではないため、

屋根一体型パネルには他メーカーの技術が入っています。

価格にはそのマージンが上乗せされるため割高になりますし、

他の選択肢がないので希望する仕様とならない可能性もあります。

また、屋根一体型パネルは固定資産税の対象にもなってしまいます。

 

既築住宅の場合、建ててくれたメーカーならば

屋根材も熟知していますし、気心も知れているので安心です。

しかし、前述したようにハウスメーカーや工務店は専門業者ではないので、

実際の施工を別の業者に委託するケースが多く、割高になりがちです。

新たに設置することで住宅補償から外れることもあるので、

細かい部分まで確認したうえで、念のため他社の相見積りもとることをおすすめします。

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1500966467/1_j490d6.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_426,w_426,x_107,y_0/h_150,w_150/v1500966467/1_j490d6.jpgeneleaks発電simplelay  3.ホームセンター・家電量販店など   太陽光発電システムの販売に力を入れるホームセンターや家電量販店が増えています。 確かに、買い物のついでなど、気軽に相談できるのは大きなメリットでしょう。   しかし、見逃せないのは、実際の施工を行うのが委託業者であるという点です。 つまり、実質的には販売代理店として機能していますので、 どうしても価格は割高になってしまいます。 個別の分析は控えますが、おおよそ2割増の価格を上乗せしているケースが大半です。   また、どのような業者が施工を手がけるのか不透明なのも不安要素です。 一貫した対応を希望する人には向いていないのではないでしょうか。   4.ハウスメーカー   家庭用の太陽光発電システムは、原則として屋根に設置しますので、 新築時ならば同時に取り付けたほうがスムーズなことは確かです。 設置を前提とした設計ができるので 最適な屋根材、屋根勾配が選べますし、効率的な配線もできます。 大手ハウスメーカーが扱う屋根一体型パネルは、デザイン性も優れています。   ただし、ハウスメーカーは太陽光発電システムの専門ではないため、 屋根一体型パネルには他メーカーの技術が入っています。 価格にはそのマージンが上乗せされるため割高になりますし、 他の選択肢がないので希望する仕様とならない可能性もあります。 また、屋根一体型パネルは固定資産税の対象にもなってしまいます。   既築住宅の場合、建ててくれたメーカーならば 屋根材も熟知していますし、気心も知れているので安心です。 しかし、前述したようにハウスメーカーや工務店は専門業者ではないので、 実際の施工を別の業者に委託するケースが多く、割高になりがちです。 新たに設置することで住宅補償から外れることもあるので、 細かい部分まで確認したうえで、念のため他社の相見積りもとることをおすすめします。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3 4