非常に微妙な問題なので、予断を挟まずに訳だけさせていただきたいと思います。
greentechmediaという再エネ(次世代エネ)に関する情報サービス提供のリーディング企業(メディア)があります。

https://www.greentechmedia.com/articles/read/is-teslas-powerwall-luster-already-fading

2016年7月以降Wood Mackenzieという情報サービス提供・分析会社の傘下企業となり、幅広い情報提示を行っています。
その会社のライターさんによる、昨年2016年4月に公開された記事になりますが、
最近米国内で、Teslaの機器約束された性能が出ず、消費者との間に様々なトラブルを抱えている、という話を耳にし、改めて引っ張り出してきました。
Teslaは今や一つの蓄電池業界をを代表する企業となってきているので、いろいろな意味で気になります。

今後ともウォッチを続けたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TeslaのPowerwall(家庭向け充電池)の輝きに早くも陰りが?
この会社の家庭向け蓄電システムへの検査が増加している。
By Jason Deign (当該サイトのライター。特にエネルギー蓄電セクターをフォーカス。)

(サイト)編集者注:この記事はTeslaからのコメントに基づき更新されています。

Teslaは昨年度のPowerwall発売開始に伴いたくさんの話題”ノイズ”をつくった。
しかしながら、その家庭向け蓄電システムは、文字通り「ノイジー」かもしれない。
想定された音量より稼働時の音が大きい(ノイジーだ)という報告が複数ある。
この2月、あるドイツ人消費者が自宅に設置されたPowerwallから80デシベル以上の音量を計測した。
これは、だいたい生ゴミの処理器と同程度の音量とされている。

https://www.chem.purdue.edu/chemsafety/Training/PPETrain/dblevels.htm

”このお客さんは、当初その騒音は設置後最初の24 から48時間に出るだけだと言われたが、結局消えなかったというのです”
当該システムの交換を請け負った競合他社の蓄電池会社の代表者は語る。

Teslaは、こうしたクレームは誤りだったという。

”Powerwallから発生する騒音レベルは家電の冷蔵庫とほとんど変わりませんし、
こうした(むしろ)低いレベルの音は、Powerwallが室内・室外どちらでも全ての温度範囲で、
より効率的に稼働するために使用された産業向けとしても最先端の温度管理システムの成果なのです、
とTeslaのスポークスマンであるAlexis Georgeson氏は語った。

”いくつかの初期のPowerwallの設置について、不良ファームウェア(ハードウェア制御のためのソフトウェア)がインストールされてため、
結果としてファンの音が高くなってしまったのです。この問題は早い時期、我々が問題を認識した後すぐに、
Teslaによってファームウェアのアップデートにで解決されました。ファームウェアのアップデート自体は我々の自動車に対して行うのと同様に遠隔でも行うことが出来ますし、
サービス員が訪問したり、お客様の手を煩わせたりすることなく継続してアップデートすることが可能です”とGeorgeson氏は言う。

Teslaはこのシステムから1メートルの距離で確認出来る最大音量は58デシベルであり、80デシベルではない、としている。
GTM(このメディア)はこの消費者(名前を出すことがNG)と直接会話をすることは出来なかった。
しかしながら、Eメール経由で質問に答えてくれた。”その騒音はずっと続き、家中で聞こえたほどだった”と彼は言う。
Teslaがソフトウェアのアップデートにエンジニアを派遣した時、”私は彼から「換気や冷却装置の電力消費が当初の15%に下がります」と言われました”
とこの消費者は話す。”このアップデートの後、騒音はなくなりました”。

Teslaによると、その会社が消費電力を15%に減らしたわけではなく、Powerwallが、完全にそのスペック通りの機能を保持しているだけだ、という。
またTeslaは、ポンプとファンの負荷サイクルを短期・長期に対して最適化したもので、Powerwallの機体とポンプをより正しく分離したのだ、とも主張する。
これが、ひとつの限定したケースかどうかは明確ではない。他の、初期にドイツで設置されたPowerwallの一つは、
例えば、屋内でなくガレージに設置されたのですが、それは冷却装置の”軽微な音”のためだったと、報告されている。

First Tesla Powerwall systems installed in Germany

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_682,w_1024/v1478846326/pixta_7174558_M_lgful2.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_853,w_853,x_213,y_0/h_150,w_150/v1478846326/pixta_7174558_M_lgful2.jpgeneleaks蓄電池総研非常に微妙な問題なので、予断を挟まずに訳だけさせていただきたいと思います。 greentechmediaという再エネ(次世代エネ)に関する情報サービス提供のリーディング企業(メディア)があります。 https://www.greentechmedia.com/articles/read/is-teslas-powerwall-luster-already-fading 2016年7月以降Wood Mackenzieという情報サービス提供・分析会社の傘下企業となり、幅広い情報提示を行っています。 その会社のライターさんによる、昨年2016年4月に公開された記事になりますが、 最近米国内で、Teslaの機器約束された性能が出ず、消費者との間に様々なトラブルを抱えている、という話を耳にし、改めて引っ張り出してきました。 Teslaは今や一つの蓄電池業界をを代表する企業となってきているので、いろいろな意味で気になります。 今後ともウォッチを続けたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー TeslaのPowerwall(家庭向け充電池)の輝きに早くも陰りが? この会社の家庭向け蓄電システムへの検査が増加している。 By Jason Deign (当該サイトのライター。特にエネルギー蓄電セクターをフォーカス。) (サイト)編集者注:この記事はTeslaからのコメントに基づき更新されています。 Teslaは昨年度のPowerwall発売開始に伴いたくさんの話題”ノイズ”をつくった。 しかしながら、その家庭向け蓄電システムは、文字通り「ノイジー」かもしれない。 想定された音量より稼働時の音が大きい(ノイジーだ)という報告が複数ある。 この2月、あるドイツ人消費者が自宅に設置されたPowerwallから80デシベル以上の音量を計測した。 これは、だいたい生ゴミの処理器と同程度の音量とされている。 https://www.chem.purdue.edu/chemsafety/Training/PPETrain/dblevels.htm ”このお客さんは、当初その騒音は設置後最初の24 から48時間に出るだけだと言われたが、結局消えなかったというのです” 当該システムの交換を請け負った競合他社の蓄電池会社の代表者は語る。 Teslaは、こうしたクレームは誤りだったという。 ”Powerwallから発生する騒音レベルは家電の冷蔵庫とほとんど変わりませんし、 こうした(むしろ)低いレベルの音は、Powerwallが室内・室外どちらでも全ての温度範囲で、 より効率的に稼働するために使用された産業向けとしても最先端の温度管理システムの成果なのです、 とTeslaのスポークスマンであるAlexis Georgeson氏は語った。 ”いくつかの初期のPowerwallの設置について、不良ファームウェア(ハードウェア制御のためのソフトウェア)がインストールされてため、 結果としてファンの音が高くなってしまったのです。この問題は早い時期、我々が問題を認識した後すぐに、 Teslaによってファームウェアのアップデートにで解決されました。ファームウェアのアップデート自体は我々の自動車に対して行うのと同様に遠隔でも行うことが出来ますし、 サービス員が訪問したり、お客様の手を煩わせたりすることなく継続してアップデートすることが可能です”とGeorgeson氏は言う。 Teslaはこのシステムから1メートルの距離で確認出来る最大音量は58デシベルであり、80デシベルではない、としている。 GTM(このメディア)はこの消費者(名前を出すことがNG)と直接会話をすることは出来なかった。 しかしながら、Eメール経由で質問に答えてくれた。”その騒音はずっと続き、家中で聞こえたほどだった”と彼は言う。 Teslaがソフトウェアのアップデートにエンジニアを派遣した時、”私は彼から「換気や冷却装置の電力消費が当初の15%に下がります」と言われました” とこの消費者は話す。”このアップデートの後、騒音はなくなりました”。 Teslaによると、その会社が消費電力を15%に減らしたわけではなく、Powerwallが、完全にそのスペック通りの機能を保持しているだけだ、という。 またTeslaは、ポンプとファンの負荷サイクルを短期・長期に対して最適化したもので、Powerwallの機体とポンプをより正しく分離したのだ、とも主張する。 これが、ひとつの限定したケースかどうかは明確ではない。他の、初期にドイツで設置されたPowerwallの一つは、 例えば、屋内でなくガレージに設置されたのですが、それは冷却装置の”軽微な音”のためだったと、報告されている。 https://www.pv-magazine.com/2016/02/25/first-tesla-powerwall-systems-installed-in-germany_100023386/-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2

あなたにお勧めの記事はこちら