Share on LinkedIn
Pocket

今E Vが注目されていたりしますが、かのテスラがトヨタの時価総額を上回っている理由は、実際に狙っているのはE VではなくE Vの蓄電池を含めた送配電網であると言うのは業界の人であればもはや誰もが知っている事実です。

今後は温暖化ガスの削減を企業が求められる時代です。

「あまりにも急激な脱炭素の波に混乱をしている」

と言う企業の声も多く耳にしますし、一つの方法で全てを解決できるということはないので、いくつもの努力を積み重ねていかなければならないということになると思いますが、一つの有力な候補として 

「置けるところには太陽光発電システムを置く」

というのは経済的にも安価であるということと、導入のしやすさの割に削減の効果の大きさという意味でも有力な候補であるということになると考えます。そもそも設置する場所がないということでしたら、別の手段を考えなければならないのですが、設置場所があるにもかかわらず(特に土日に休む事業所等に顕著)、イメージよりも導入が進んでいないという事例が散見されたりしています。

いくつか原因はあると考えまますが、太陽光発電は太陽の光が当たると、その場所で必要なのか否かは別として発電をしてしまうという現象が起きます。土日が休みで自社で使わないのであれば送電網に流せばいいのではということになるかと思います。しかしながら、送電網に流せるエリアはかなり限られてきているというのが現状です(上記「空き容量マッピング」参照)。発電をしても、1週間のうち2日は発電を止める必要が出てきてしまいますので、採算が急激に悪化して、他から電力を購入した方がいいのではという流れになってしまいます。

そこで皆さんが思いつくのが蓄電池ではないでしょうか。余った電気を貯めて必要な時に使うということを考えたりするのですが、そのような使い方を目的としてしまうと導入にかかるコストが億単位でかかったりと現実的な話ではなくなってしまいます。蓄電池の普及に関して、今から当社が「解決策を提示する」と期待を抱かせてしまった方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。どのように普及させるかということが今まさに直面している問題点であり、正直なところまだコスト的に解決策を見出せていないというのが現実です。

太陽光発電システムの更なる普及に必要なものは、意外とまだなかったりするものなのです。

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1620364313/6669b3aa053dd91ce705987083a16fbb_ccgs8i.pnghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_591,w_591,x_202,y_0/h_150,w_150/v1620364313/6669b3aa053dd91ce705987083a16fbb_ccgs8i.pngaltenergy初めての太陽光自家消費シリーズ自家消費連載今E Vが注目されていたりしますが、かのテスラがトヨタの時価総額を上回っている理由は、実際に狙っているのはE VではなくE Vの蓄電池を含めた送配電網であると言うのは業界の人であればもはや誰もが知っている事実です。 今後は温暖化ガスの削減を企業が求められる時代です。 「あまりにも急激な脱炭素の波に混乱をしている」 と言う企業の声も多く耳にしますし、一つの方法で全てを解決できるということはないので、いくつもの努力を積み重ねていかなければならないということになると思いますが、一つの有力な候補として  「置けるところには太陽光発電システムを置く」 というのは経済的にも安価であるということと、導入のしやすさの割に削減の効果の大きさという意味でも有力な候補であるということになると考えます。そもそも設置する場所がないということでしたら、別の手段を考えなければならないのですが、設置場所があるにもかかわらず(特に土日に休む事業所等に顕著)、イメージよりも導入が進んでいないという事例が散見されたりしています。 いくつか原因はあると考えまますが、太陽光発電は太陽の光が当たると、その場所で必要なのか否かは別として発電をしてしまうという現象が起きます。土日が休みで自社で使わないのであれば送電網に流せばいいのではということになるかと思います。しかしながら、送電網に流せるエリアはかなり限られてきているというのが現状です(上記「空き容量マッピング」参照)。発電をしても、1週間のうち2日は発電を止める必要が出てきてしまいますので、採算が急激に悪化して、他から電力を購入した方がいいのではという流れになってしまいます。 そこで皆さんが思いつくのが蓄電池ではないでしょうか。余った電気を貯めて必要な時に使うということを考えたりするのですが、そのような使い方を目的としてしまうと導入にかかるコストが億単位でかかったりと現実的な話ではなくなってしまいます。蓄電池の普及に関して、今から当社が「解決策を提示する」と期待を抱かせてしまった方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。どのように普及させるかということが今まさに直面している問題点であり、正直なところまだコスト的に解決策を見出せていないというのが現実です。 太陽光発電システムの更なる普及に必要なものは、意外とまだなかったりするものなのです。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2