さて前回、「本当は言いたくない?蓄電池容量と寿命の秘密」という記事をお届けしましたが、
「何となく東芝の蓄電池が良さそうだ」という方向性が見えてきました。

しかし!

その価格は実に2,970,000円と、プリウスの新車にも匹敵する価格です。
定価ベースで京セラ2,400,000円に対して東芝2,970,000円ですので既に1.24倍の差があります。
しかし容量が違うので当然と言えるかもしれません。

Eneleaksとしては、条件を揃えないと「比較は出来ない」と豪語しておりますので、まず定価を実質容量で割ってみたいと思います。

 

メーカー 京セラ NEC 東芝
定格容量 7.2kWh 7.8kWh 7.4kWh
実効容量(※) 5.76kWh 6.62kWh 7.4kWh
放電深度 80% 84.9% 100%
電力変換効率 94% 94% 94%
実質容量 5.41kWh 6.22kWh 6.96kWh
サイクル数 6,000サイクル 5,500サイクル 15,000サイクル
製品想定寿命 10年 10年(最長15年) 10年
本格価格(税抜) 2,400,000円 2,600,000円 2,970,000円

 

京セラ:2,400,000円÷5.41kWh=443,623円/kWh

②NEC:2,600,000円÷6.22kWh=418,006円/kWh

③東芝:2,970,000円÷6.96kWh=426,724円/kWh

 

なるほど、容量あたりの単価ではNEC製が最も安いということが分かりました。

http://res.cloudinary.com/hcjrza45j/image/upload/h_683,w_1024/v1478840763/31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_m_y0empe_molj5p.jpghttp://res.cloudinary.com/hcjrza45j/image/upload/c_crop,h_1280,w_1280,x_320,y_0/h_150,w_150/v1478840763/31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_m_y0empe_molj5p.jpgaltenergy貯めるさて前回、「本当は言いたくない?蓄電池容量と寿命の秘密」という記事をお届けしましたが、 「何となく東芝の蓄電池が良さそうだ」という方向性が見えてきました。 しかし! その価格は実に2,970,000円と、プリウスの新車にも匹敵する価格です。 定価ベースで京セラ2,400,000円に対して東芝2,970,000円ですので既に1.24倍の差があります。 しかし容量が違うので当然と言えるかもしれません。 Eneleaksとしては、条件を揃えないと「比較は出来ない」と豪語しておりますので、まず定価を実質容量で割ってみたいと思います。   メーカー 京セラ NEC 東芝 定格容量 7.2kWh 7.8kWh 7.4kWh 実効容量(※) 5.76kWh 6.62kWh 7.4kWh 放電深度 80% 84.9% 100% 電力変換効率 94% 94% 94% 実質容量 5.41kWh 6.22kWh 6.96kWh サイクル数 6,000サイクル 5,500サイクル 15,000サイクル 製品想定寿命 10年 10年(最長15年) 10年 本格価格(税抜) 2,400,000円 2,600,000円 2,970,000円   京セラ:2,400,000円÷5.41kWh=443,623円/kWh ②NEC:2,600,000円÷6.22kWh=418,006円/kWh ③東芝:2,970,000円÷6.96kWh=426,724円/kWh   なるほど、容量あたりの単価ではNEC製が最も安いということが分かりました。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3 4 5

あなたにお勧めの記事はこちら