Share on LinkedIn
Pocket

「(環境対策は)やった方がよいというレベルではなく企業としてもはや取り組まなければ生き残れない」


 2017年11月にドイツで開催されたCOP23に参加した富士通役員の報告を受けた当時の代表・田中達也氏(現会長)はそのようにコメントした。「もはや」という言葉に込められた「焦り」と「自分たちの認識のギャップ」が特に印象的であり、個人的には「やっぱりそうか」というのが素直な感想であり、強く印象に残ったのだ。


 その後、わずか半年程で富士通はRE100(事業で使用する電力を100%再エネとする)を宣言することになるのであるが、社会貢献をしながらも収益を上げるということは、企業としての命題であり本質であることは言うまでもない。(RE100とは?についての記事はこちら


 だが実際は社会貢献と言っても、さしたるノルマもない雰囲気のようなものであり、何となく「やっている」雰囲気を出していればいいだけのものだったに違いない。「収益を圧迫してまで行うなんて格好のいいことはやってられない。」と言うのが本音だったのではないだろうか。


 事実、生産設備に対しての予算よりも環境対策に対しての予算は常に優先順位が低いと言うことはよく耳にする話であったりする。冒頭の富士通の話は、「もはやそんなことは言っていられない。きちんとした対処をしていかなくてはえらいことになる。」と言う状態になったということではないかと考える。


 世界の投資家は、CO2を大量に排出する企業からの投資撤退に踏み出している。対象となった企業には国内外で20基の石炭火力発電所を運営する日本企業の名前も含まれている。


投資家からの資金が入ってこなくなる

自社の株を買ってもらえなくなる

株価が低迷する

会社の価値が落ちる


と言うシンプルな構図であり、そうなると、クリーンなエネルギーを使うと言うことは、収益を上げると言うことに匹敵するぐらいの切実な問題になったと言うことに他ならない。


そんなことは、対岸の火事であって一部の大企業の話であると思うのかもしれないが、恐らくそんなことにはならないと予想している。

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_505,w_1024/v1605241210/box-image_fsjuip.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_810,w_810,x_417,y_0/h_150,w_150/v1605241210/box-image_fsjuip.jpgaltenergy初めての太陽光自家消費シリーズ法人発電自家消費連載「(環境対策は)やった方がよいというレベルではなく企業としてもはや取り組まなければ生き残れない」  2017年11月にドイツで開催されたCOP23に参加した富士通役員の報告を受けた当時の代表・田中達也氏(現会長)はそのようにコメントした。「もはや」という言葉に込められた「焦り」と「自分たちの認識のギャップ」が特に印象的であり、個人的には「やっぱりそうか」というのが素直な感想であり、強く印象に残ったのだ。  その後、わずか半年程で富士通はRE100(事業で使用する電力を100%再エネとする)を宣言することになるのであるが、社会貢献をしながらも収益を上げるということは、企業としての命題であり本質であることは言うまでもない。(RE100とは?についての記事はこちら)  だが実際は社会貢献と言っても、さしたるノルマもない雰囲気のようなものであり、何となく「やっている」雰囲気を出していればいいだけのものだったに違いない。「収益を圧迫してまで行うなんて格好のいいことはやってられない。」と言うのが本音だったのではないだろうか。  事実、生産設備に対しての予算よりも環境対策に対しての予算は常に優先順位が低いと言うことはよく耳にする話であったりする。冒頭の富士通の話は、「もはやそんなことは言っていられない。きちんとした対処をしていかなくてはえらいことになる。」と言う状態になったということではないかと考える。  世界の投資家は、CO2を大量に排出する企業からの投資撤退に踏み出している。対象となった企業には国内外で20基の石炭火力発電所を運営する日本企業の名前も含まれている。 投資家からの資金が入ってこなくなる ↓ 自社の株を買ってもらえなくなる ↓ 株価が低迷する ↓ 会社の価値が落ちる と言うシンプルな構図であり、そうなると、クリーンなエネルギーを使うと言うことは、収益を上げると言うことに匹敵するぐらいの切実な問題になったと言うことに他ならない。 そんなことは、対岸の火事であって一部の大企業の話であると思うのかもしれないが、恐らくそんなことにはならないと予想している。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2