Share on LinkedIn
Pocket


ベースロード電源とは

ベースロード電源とは、地熱、大型水力、原子力、石炭火力などの国内電力需要の基本部分を賄う電源の事で、国内に安く安定した電気を供給するために重要な電源となっています。
ベースロード電源は運転コストが安く、高効率という特徴があるのですが、新規開発が難しいため、東電などの大手電力会社が、その約9割を所有しています。またその多くは長期契約をしており、新電力によるアクセスが難しく卸市場活性化の障壁にもなっています。


ベースロード市場創設の目的

電力自由化で新規参入した新電力は、今まで、ベースロード需要に対し、LNGや、卸電力取引所からの調達で供給を行ってきましたが、今回創設されたベースロード市場により、新電力も、大手電力会社と同条件でベースロード電源を調達できるようになりました。
ベースロード市場は、新電力にも年間を通して安く、安定した電気の調達をさせる事で、今後の競争活性化を促す事を目的としています。

出典:
電力ガス取引監視等委員会ホームページ より
https://www.emsc.meti.go.jp/activity/emsc_keika/pdf/003_07_00.pdf
https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_426,w_1024/v1593047925/box-image1_lcmzcw.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_526,w_526,x_369,y_0/h_150,w_150/v1593047925/box-image1_lcmzcw.jpgaltenergy個人噛み砕きシリーズ法人連載ベースロード電源とは ベースロード電源とは、地熱、大型水力、原子力、石炭火力などの国内電力需要の基本部分を賄う電源の事で、国内に安く安定した電気を供給するために重要な電源となっています。ベースロード電源は運転コストが安く、高効率という特徴があるのですが、新規開発が難しいため、東電などの大手電力会社が、その約9割を所有しています。またその多くは長期契約をしており、新電力によるアクセスが難しく卸市場活性化の障壁にもなっています。 ベースロード市場創設の目的 電力自由化で新規参入した新電力は、今まで、ベースロード需要に対し、LNGや、卸電力取引所からの調達で供給を行ってきましたが、今回創設されたベースロード市場により、新電力も、大手電力会社と同条件でベースロード電源を調達できるようになりました。ベースロード市場は、新電力にも年間を通して安く、安定した電気の調達をさせる事で、今後の競争活性化を促す事を目的としています。 出典: 電力・ガス取引監視等委員会ホームページ より https://www.emsc.meti.go.jp/activity/emsc_keika/pdf/003_07_00.pdf-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2