Share on LinkedIn
Pocket

 

太陽光パネル洗浄不要説というのがかつてはあったのですが、それって本当でしょうか?
太陽光パネルの洗浄の必要性に関しては様々なところで議論がされていますが、今回はここで最終結論を出していきたいと思います。
 
まずは問題点の整理です。
 
洗浄不要派としては、
・最近はスコールの様な雨が多くそれが洗浄効果となりその必要性はない。
・最近はパネルの表面に様々な表面処理がしてあるので、汚れが付着しづらくなっていたりするので洗浄の必要はない。
・コストを掛けてもそれに見合う発電が得られない。
という意見であったりします。
 
また、洗浄必要派としては、
・パネルの下の方の黄色い物質は花粉であり粘着性があって雨では落ちづらいその結果洗浄は必要。
だという意見であったりします。
 
自分で書いていても、ポイントが明確では無いなと思うのですが、ポイントをまとめると下記の様になります。
 
ポイント(その1)
パネルは汚れると、発電量は低下する。
 
基本的なことになりますが、ここは事実だと思います。
 
ポイント(その2)
そもそも、発電がロスをしているのか確認をしなければならない。
 
当たり前の話ですが、意外と抜けがちです。何を基準として発電がロスをしていると決めるのかまずは確定をしなければなりません。
一般的には日射量と発電量は比例関係にありますので、日射計が設置されていればいいのですが、
一般家庭では日射計を設置しているというケースはあまり無いので違う工夫が必要となります。
 
それ故に特に不要説は一般家庭用を想定している傾向が強い様に思います。
 
ポイント(その3)
「一定期間の発電ロス>1回の洗浄コスト」となったその段階で洗浄を行う。
 
 

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_730,w_1024/v1539665821/4748959d874475d43bbeae6aaf654d34_m_tfahev.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_1369,w_1369,x_275,y_0/h_150,w_150/v1539665821/4748959d874475d43bbeae6aaf654d34_m_tfahev.jpgaltenergy法人自家消費ecology  太陽光パネル洗浄不要説というのがかつてはあったのですが、それって本当でしょうか? 太陽光パネルの洗浄の必要性に関しては様々なところで議論がされていますが、今回はここで最終結論を出していきたいと思います。   まずは問題点の整理です。   洗浄不要派としては、 ・最近はスコールの様な雨が多くそれが洗浄効果となりその必要性はない。 ・最近はパネルの表面に様々な表面処理がしてあるので、汚れが付着しづらくなっていたりするので洗浄の必要はない。 ・コストを掛けてもそれに見合う発電が得られない。 という意見であったりします。   また、洗浄必要派としては、 ・パネルの下の方の黄色い物質は花粉であり粘着性があって雨では落ちづらいその結果洗浄は必要。 だという意見であったりします。   自分で書いていても、ポイントが明確では無いなと思うのですが、ポイントをまとめると下記の様になります。   ポイント(その1) パネルは汚れると、発電量は低下する。   基本的なことになりますが、ここは事実だと思います。   ポイント(その2) そもそも、発電がロスをしているのか確認をしなければならない。   当たり前の話ですが、意外と抜けがちです。何を基準として発電がロスをしていると決めるのかまずは確定をしなければなりません。 一般的には日射量と発電量は比例関係にありますので、日射計が設置されていればいいのですが、 一般家庭では日射計を設置しているというケースはあまり無いので違う工夫が必要となります。   それ故に特に不要説は一般家庭用を想定している傾向が強い様に思います。   ポイント(その3) 「一定期間の発電ロス>1回の洗浄コスト」となったその段階で洗浄を行う。    -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2