Share on LinkedIn
Pocket

 

化石エネルギーのように、存在する地域が偏っているわけでもなく、世界のどこにでも降り注ぐ太陽の光がエネルギーの源であり、
空いている場所さえあれば簡単に設置が可能であり、しかも安全である。
だからこそ、発電する場所と使う場所が比較的近くであっても全く問題がない。
もしかしたらある一定の範囲内で、全てのエネルギーを作り出すことができるのではないか?そんな思いがあります。
 
 
 
 工場の屋根が空いているのであれば、太陽光発電システムで作った電気は自らその場で消費することによって、
電線網というインフラに頼らない電力供給源になります。
もちろん様々な問題があることは承知しておりますが、
そのことによって今よりも比較的に軽微なインフラ設備で電力を供給を行い続けることができる可能性があると信じています。
 我々は人口が減り続けるという世界に先駆けた体験をしているのですが、今ある様々な仕組みをそのまま、
次世代に渡すということには無理があり、電力のインフラに関しても、維持管理を如何にして軽微にするということは、
次世代に向けてなんとしてでも渡さなければならないことの一つだと思います。
​FITが役割を終えつつある中で、新しい役割として「自分のところでエネルギーを作って、自分のところで使う。」
という太陽光発電システム本来の姿へ、ようやく辿り着くことが出来たというのが今の正直な気持ちです。
 物事を考えるときに経済性という観点も非常に重要な要素ではありますが、
それを追求することによって次世代に新しい仕組みを渡すことができるということは、非常に価値のあるものだと思います。
​そんな大きな可能性がある太陽光発電システムの自家消費を設置できる屋根をお持ちの方は、
実際に検討してみる価値があるのではないでしょうか。
 
(記:髙橋 眞剛
 
 

自家消費、ソーラーグリッドに関してはこちら

 
 
 
 
 

No.6 結局、太陽光パネルってどこが良いの?

 

No.7 太陽光発電設置後の悩み

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1531958867/No.8-2_hkesn2.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_596,w_596,x_152,y_0/h_150,w_150/v1531958867/No.8-2_hkesn2.jpgaltenergy法人自家消費costdown  化石エネルギーのように、存在する地域が偏っているわけでもなく、世界のどこにでも降り注ぐ太陽の光がエネルギーの源であり、 空いている場所さえあれば簡単に設置が可能であり、しかも安全である。 だからこそ、発電する場所と使う場所が比較的近くであっても全く問題がない。 もしかしたらある一定の範囲内で、全てのエネルギーを作り出すことができるのではないか?そんな思いがあります。        工場の屋根が空いているのであれば、太陽光発電システムで作った電気は自らその場で消費することによって、 電線網というインフラに頼らない電力供給源になります。 もちろん様々な問題があることは承知しておりますが、 そのことによって今よりも比較的に軽微なインフラ設備で電力を供給を行い続けることができる可能性があると信じています。 ​  我々は人口が減り続けるという世界に先駆けた体験をしているのですが、今ある様々な仕組みをそのまま、 次世代に渡すということには無理があり、電力のインフラに関しても、維持管理を如何にして軽微にするということは、 次世代に向けてなんとしてでも渡さなければならないことの一つだと思います。 ​FITが役割を終えつつある中で、新しい役割として「自分のところでエネルギーを作って、自分のところで使う。」 という太陽光発電システム本来の姿へ、ようやく辿り着くことが出来たというのが今の正直な気持ちです。 ​  物事を考えるときに経済性という観点も非常に重要な要素ではありますが、 それを追求することによって次世代に新しい仕組みを渡すことができるということは、非常に価値のあるものだと思います。 ​そんな大きな可能性がある太陽光発電システムの自家消費を設置できる屋根をお持ちの方は、 実際に検討してみる価値があるのではないでしょうか。   (記:髙橋 眞剛)     自家消費、ソーラーグリッドに関してはこちら            -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3