Share on LinkedIn
Pocket

 

 まずデメリット1についてですが、太陽の出ている時間は、太陽を中心に公転、
自転している地球上に住んでいる以上は変えることはできません。
しかしながら、使い切るまたは使い切れない場合は他に融通するか貯める、ということで解消されていくと考えます。
 
 デメリット2については、太陽エネルギーの変動も同じようにコントロールできません。
ただ、地球上にネットワークを広げることで、その変動を吸収していくことは可能です。
また、デメリット1でも触れましたが、バッテリーに貯めることでその変動を吸収することも可能です。
両方実施すればさらに強固な​システムになります。
 
 デメリット3に関しては、「変換効率」に行き着きます。
日々、研究開発が行われており、現状は20%程度ですが、開発レベルにおいては2015年時点で46%まで達成しています。
ただ、未利用の場所の有効活用をしている(何も生み出していないスペースからエネルギーを生み出すことが出来る)という点においては、
必ずしもデメリットと言い切れないところもあります。
 
​デメリットが解決していくことで、太陽光発電がより必要不可欠かつ、取組むべく必然性が高まりますが、
同時に、エネルギー利用効率を上げていかなくてはいけないという側面があります。
 
 LED等の省エネ機器もありますが、業務用、産業用では、「コージェネレーション」(コージェネ)という装置があります。
日本語で、「熱電併給」ともいいます。
まさに文字通りで、ガスエンジンやディーゼルエンジンを稼働させて発電をし、そこから得られる熱を同時に取り出す装置です。
エネルギー利用率を向上させているものです。
 
 太陽光発電と同様に、コージェネのメリットとデメリットを見てみましょう。
《メリット》
1.優れたエネルギー効率
  • 従来の発電システムでは、良いものであってもエネルギー効率40%程度ですが、コージェネでは、熱利用も含め60%~90%になるといわれています(需要によって変動あり)。
2.停電時における重要負荷への電力供給確保
  • 停電対応(BOS:ブラックアウトスタート)仕様機を採用すること事業継続計画(BCP)対策が可能である
さらに、一定の要件を満たしたコージェネは、消防法上の非常電源としても利用できる(防災兼用機)。
 
 
一般財団法人コージェネ財団HPより(https://www.ace.or.jp/web/chp/chp_0010.html
 
 

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1530230219/No.3-1_xjkgwa.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1530230219/No.3-1_xjkgwa.jpgaltenergy法人自家消費costdown   まずデメリット1についてですが、太陽の出ている時間は、太陽を中心に公転、 自転している地球上に住んでいる以上は変えることはできません。 しかしながら、使い切るまたは使い切れない場合は他に融通するか貯める、ということで解消されていくと考えます。    デメリット2については、太陽エネルギーの変動も同じようにコントロールできません。 ただ、地球上にネットワークを広げることで、その変動を吸収していくことは可能です。 また、デメリット1でも触れましたが、バッテリーに貯めることでその変動を吸収することも可能です。 両方実施すればさらに強固な​システムになります。    デメリット3に関しては、「変換効率」に行き着きます。 日々、研究開発が行われており、現状は20%程度ですが、開発レベルにおいては2015年時点で46%まで達成しています。 ただ、未利用の場所の有効活用をしている(何も生み出していないスペースからエネルギーを生み出すことが出来る)という点においては、 必ずしもデメリットと言い切れないところもあります。   ​デメリットが解決していくことで、太陽光発電がより必要不可欠かつ、取組むべく必然性が高まりますが、 同時に、エネルギー利用効率を上げていかなくてはいけないという側面があります。    LED等の省エネ機器もありますが、業務用、産業用では、「コージェネレーション」(コージェネ)という装置があります。 日本語で、「熱電併給」ともいいます。 まさに文字通りで、ガスエンジンやディーゼルエンジンを稼働させて発電をし、そこから得られる熱を同時に取り出す装置です。 エネルギー利用率を向上させているものです。    太陽光発電と同様に、コージェネのメリットとデメリットを見てみましょう。 ​ 《メリット》 1.優れたエネルギー効率 従来の発電システムでは、良いものであってもエネルギー効率40%程度ですが、コージェネでは、熱利用も含め60%~90%になるといわれています(需要によって変動あり)。 2.停電時における重要負荷への電力供給の確保 停電対応(BOS:ブラックアウトスタート)仕様機を採用することで事業継続計画(BCP)対策が可能である。 さらに、一定の要件を満たしたコージェネは、消防法上の非常電源としても利用できる(防災兼用機)。     一般財団法人コージェネ財団HPより(https://www.ace.or.jp/web/chp/chp_0010.html)    -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3