Share on LinkedIn
Pocket

 

単純な話ですが、
「電力網を使わずに安い電源を自分で確保する。」
 ということが今後来るべき電気料金の値上げに抗う手段であると考えます。
電力網を使っていないので、新たに発生するコストは支払う必要はありません。
最近では、我々が取り扱っている
「自家消費型の太陽光発電システム(太陽光発電システムから生まれる電力をそのまま使う)」も注目を集めていますし、
コジェネによって電力と熱を作り出すのも一つの手段でしょう。
(ガスの料金が上がってしまうとその効果はなくなってしまうのですが…)
 今までの「電気代の削減」という発想から、
「電力網から電気を買わないようにするにはどうするべきなのか」という発想に
入れ替えなければならない時代が来てしまったのではないでしょうか。
 
(記:髙橋 眞剛
 
 
 
 
https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1530075970/No.2-1-1_otac1x.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_427,w_427,x_106,y_0/h_150,w_150/v1530075970/No.2-1-1_otac1x.jpgaltenergy自家消費costdown  単純な話ですが、 ​ 「電力網を使わずに安い電源を自分で確保する。」 ​  ということが今後来るべき電気料金の値上げに抗う手段であると考えます。 電力網を使っていないので、新たに発生するコストは支払う必要はありません。 ​ 最近では、我々が取り扱っている 「自家消費型の太陽光発電システム(太陽光発電システムから生まれる電力をそのまま使う)」も注目を集めていますし、 コジェネによって電力と熱を作り出すのも一つの手段でしょう。 (ガスの料金が上がってしまうとその効果はなくなってしまうのですが…) ​  今までの「電気代の削減」という発想から、 「電力網から電気を買わないようにするにはどうするべきなのか」という発想に 入れ替えなければならない時代が来てしまったのではないでしょうか。   (記:髙橋 眞剛)        -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3