Share on LinkedIn
Pocket

 

季節外れの話題だが、あと半年もすると街にはイルミネーションがあふれる時期を迎える。

晩秋から冬の風景はイルミネーションがよく似合う。

近年では、一般住宅でも電飾を施す人々が増え、季節の風物詩としても定着している。

特にテーマパークなどの商業施設のイルミネーションは、

その規模や表現の点で圧倒的であり、そこに別世界を創造している。

 

ここで一つの疑問が出てきた。

「LEDの使用数ってどれぐらいなのだろう?」

 

イルミネーションと言えばLED。人気スポットでは、いったいどれくらいのLEDが使用されているのだろう。

500万球以上のLEDを使用しているスポットを探してみた。ここではBEST3を紹介したい。

 

第3位:「伊豆ぐらんぱる公園

東京ドームおよそ2個分(8万平方メートル)の広さに、

約600万球が高密度に敷き詰められ、美しいイルミネーションの世界を演出している。

日本初の体験型イルミネーションとうたい、見るだけではなくワクワクドキドキの体験を提供。

昨年11月から8月末日迄の期間、開催をしている。

 

 

第2位:「相模湖プレジャーフォレスト

さがみ湖イルミリオンは、関東最大600万球を使用(伊豆ぐらんぱる公園と同数)。

光と闇の織りなす幻想的な世界を創造。遊園地をはじめ、キャンプやバーベキュー場、

日帰り温浴施設が揃う複合アウトドアリゾート。昨年11月から今年の4月8日まで開催。

 

 

 

https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_679,w_1024/v1528416481/housetenbosch_sbc4v6.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_929,w_929,x_235,y_0/h_150,w_150/v1528416481/housetenbosch_sbc4v6.jpgaltenergy発電costdown  季節外れの話題だが、あと半年もすると街にはイルミネーションがあふれる時期を迎える。 晩秋から冬の風景はイルミネーションがよく似合う。 近年では、一般住宅でも電飾を施す人々が増え、季節の風物詩としても定着している。 特にテーマパークなどの商業施設のイルミネーションは、 その規模や表現の点で圧倒的であり、そこに別世界を創造している。   ここで一つの疑問が出てきた。 「LEDの使用数ってどれぐらいなのだろう?」   イルミネーションと言えばLED。人気スポットでは、いったいどれくらいのLEDが使用されているのだろう。 500万球以上のLEDを使用しているスポットを探してみた。ここではBEST3を紹介したい。   第3位:「伊豆ぐらんぱる公園」 東京ドームおよそ2個分(8万平方メートル)の広さに、 約600万球が高密度に敷き詰められ、美しいイルミネーションの世界を演出している。 日本初の体験型イルミネーションとうたい、見るだけではなくワクワクドキドキの体験を提供。 昨年11月から8月末日迄の期間、開催をしている。     第2位:「相模湖プレジャーフォレスト」 さがみ湖イルミリオンは、関東最大600万球を使用(伊豆ぐらんぱる公園と同数)。 光と闇の織りなす幻想的な世界を創造。遊園地をはじめ、キャンプやバーベキュー場、 日帰り温浴施設が揃う複合アウトドアリゾート。昨年11月から今年の4月8日まで開催。      -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2