Share on LinkedIn
Pocket

 

太陽光発電をその建物に設置しても良いかどうかの判断が必要となるとき、しばしば登場するのが一級建築士という存在。

再生可能エネルギーの発展とその重要性を理解し、協力的に応じてくれる一級建築士も時に存在するが、

難色を示される事も一方では多いのではないだろうか。

中にはその権威に胡坐を掻き、事あるごとに重箱の隅をつつき、

結果的に設置計画をご破算にまで持ち込む一級建築士も存在すると聞く。

太陽光発電を世の中に広める立場からすれば、妨害的行為でもあり、この手のタイプの相手には何らかの攻略法が必要だ。


確かにその建物を設計したという立場である以上設計当時に想定していなかったものが付け加えられる事は、

あまり良い気持ちがしないという心理は理解できる。

しかしそれだけの理由で難色を示しているとすれば、それは単にその一級建築士のエゴでしかない。

その程度の考えでは建物オーナーの利益を最大限に尊重しているとは言えない。

国から免許を貰いながら、再生可能エネルギーの普及という国家レベルのプロジェクトに寄り添っているとは言えない。

時代の移り変わりによって、その建物の使われ方も変わるという事は、何十年という単位で想定されていなければならない。


そもそも一級建築士とはどういう人達なのだろうか?

建築士法という法律上、日本国内における建物について、ほぼ全ての設計・工事監理を許可された人達。

国内に約36万人の人が登録されていて、平均年齢はおよそ40歳代後半に推移している。

台湾や東南アジア諸国などの新興国においては、建築士という肩書きは医師や弁護士と並ぶ程、

権威ある職業とされているが、日本における一級建築士の平均年収は600万円程度。

建築業界では最高峰とされる難関試験を突破しても、収入の面では都心で働く40歳代の平均的サラリーマンとそれ程変わらない。

 

また、彼らの試験科目は建築学に関する『計画』、『環境設備』、『法規』、『構造』、『施工』という

5部門に分けて試されており、その専門性も様々。

例えば、計画が得意な建築士が、構造が苦手といった具合に、建築士によって得意分野にも偏りが存在する。

つまりは一級建築士という人が、建築の分野において万能とは限らないという事だ。

 

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1524708745/82adfc26979a7bd99af0fa10384eb368_fnfkj1.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_400,w_400,x_110,y_0/h_150,w_150/v1524708745/82adfc26979a7bd99af0fa10384eb368_fnfkj1.jpgaltenergy発電ecology  太陽光発電をその建物に設置しても良いかどうかの判断が必要となるとき、しばしば登場するのが一級建築士という存在。 再生可能エネルギーの発展とその重要性を理解し、協力的に応じてくれる一級建築士も時に存在するが、 難色を示される事も一方では多いのではないだろうか。 中にはその権威に胡坐を掻き、事あるごとに重箱の隅をつつき、 結果的に設置計画をご破算にまで持ち込む一級建築士も存在すると聞く。 太陽光発電を世の中に広める立場からすれば、妨害的行為でもあり、この手のタイプの相手には何らかの攻略法が必要だ。 確かにその建物を設計したという立場である以上設計当時に想定していなかったものが付け加えられる事は、 あまり良い気持ちがしないという心理は理解できる。 しかしそれだけの理由で難色を示しているとすれば、それは単にその一級建築士のエゴでしかない。 その程度の考えでは建物オーナーの利益を最大限に尊重しているとは言えない。 国から免許を貰いながら、再生可能エネルギーの普及という国家レベルのプロジェクトに寄り添っているとは言えない。 時代の移り変わりによって、その建物の使われ方も変わるという事は、何十年という単位で想定されていなければならない。 そもそも一級建築士とはどういう人達なのだろうか? 建築士法という法律上、日本国内における建物について、ほぼ全ての設計・工事監理を許可された人達。 国内に約36万人の人が登録されていて、平均年齢はおよそ40歳代後半に推移している。 台湾や東南アジア諸国などの新興国においては、建築士という肩書きは医師や弁護士と並ぶ程、 権威ある職業とされているが、日本における一級建築士の平均年収は600万円程度。 建築業界では最高峰とされる難関試験を突破しても、収入の面では都心で働く40歳代の平均的サラリーマンとそれ程変わらない。   また、彼らの試験科目は建築学に関する『計画』、『環境設備』、『法規』、『構造』、『施工』という 5部門に分けて試されており、その専門性も様々。 例えば、計画が得意な建築士が、構造が苦手といった具合に、建築士によって得意分野にも偏りが存在する。 つまりは一級建築士という人が、建築の分野において万能とは限らないという事だ。    -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2