Share on LinkedIn
Pocket

 

注目を浴びる太陽光発電。導入のハードルが下がり、多くのメリットが

 

エネルギー問題が深刻化するなかで注目を浴びている太陽光発電。

環境に良いことに加えて電気料金の削減や販売などが行えるという様々なメリットがあることから、

多くの企業や家庭が導入を始めています。

 

住宅用の太陽光発電設備に関して販売が始まったのは1990年代前半のこと。当時は価格面のハードルが高く、

環境問題に対して意識の高い組織や個人が主に購入をしていました。

 

その後、東日本大震災の影響で再生可能エネルギーの注目度が急上昇。

2011年から2012年にかけて補助金制度に「上限キャップ価格」という仕組みが追加されたり、

10kW以上の太陽光発電システムにおいては発電した電力のすべてを買い取る「全量買取制度」も始まったりと制度に変更が。

それに伴い導入のハードルも一気に低下し、購入者が増加していきました。

 

現在ではこのような状況に落ち着きが見られていますが、環境問題の観点から課せられた課題も多く、

太陽光発電の必要性は十分に顕在しています。

それに加えて企業や団体の自家消費における導入費用を国が一部負担するといった国の制度の後押しもありますので、

今後も導入は増えていくと予想されるでしょう。

 

工場立地法の一部改正により、発電設備が「生産施設」から「環境施設」へ

 

すでに十分な認知のある太陽光発電ですが、2012年の「工場立地法」の一部改正に伴い、

これまでとは別のメリットが生まれていることをご存知でしょうか。

工場立地法とは主に製造業を対象として、工場敷地内の環境保全や福祉の向上を図るために制定されたもの。

この法律により一定規模以上の敷地利用において、

工場などの生産施設と緑地(樹木や地被植物が生育する土地)を含めた環境施設の面積割合が、それぞれ定められています。

 

2012年以前、太陽光発電設備はこの法律において「生産施設」に区分されていました。

しかし改正に伴い、発電設備を「生産施設」から、噴水や屋外運動場などと同様の「環境施設」とみなすよう変更。

これにより、発電設備のついたビルや工場などの建物は環境施設として扱われるようになったのです。

 

これは太陽光発電の導入が敷地内の緑地面積縮小につながるということ。

実質的な土地の拡大となり、新しく生まれたスペースをその事業者にあった形で活用することができるようになったのです。

 

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1516757584/taiyouko_panel_ro8fko.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1516757584/taiyouko_panel_ro8fko.jpgaltenergy発電costdown  注目を浴びる太陽光発電。導入のハードルが下がり、多くのメリットが   エネルギー問題が深刻化するなかで注目を浴びている太陽光発電。 環境に良いことに加えて電気料金の削減や販売などが行えるという様々なメリットがあることから、 多くの企業や家庭が導入を始めています。   住宅用の太陽光発電設備に関して販売が始まったのは1990年代前半のこと。当時は価格面のハードルが高く、 環境問題に対して意識の高い組織や個人が主に購入をしていました。   その後、東日本大震災の影響で再生可能エネルギーの注目度が急上昇。 2011年から2012年にかけて補助金制度に「上限キャップ価格」という仕組みが追加されたり、 10kW以上の太陽光発電システムにおいては発電した電力のすべてを買い取る「全量買取制度」も始まったりと制度に変更が。 それに伴い導入のハードルも一気に低下し、購入者が増加していきました。   現在ではこのような状況に落ち着きが見られていますが、環境問題の観点から課せられた課題も多く、 太陽光発電の必要性は十分に顕在しています。 それに加えて企業や団体の自家消費における導入費用を国が一部負担するといった国の制度の後押しもありますので、 今後も導入は増えていくと予想されるでしょう。   工場立地法の一部改正により、発電設備が「生産施設」から「環境施設」へ   すでに十分な認知のある太陽光発電ですが、2012年の「工場立地法」の一部改正に伴い、 これまでとは別のメリットが生まれていることをご存知でしょうか。 工場立地法とは主に製造業を対象として、工場敷地内の環境保全や福祉の向上を図るために制定されたもの。 この法律により一定規模以上の敷地利用において、 工場などの生産施設と緑地(樹木や地被植物が生育する土地)を含めた環境施設の面積割合が、それぞれ定められています。   2012年以前、太陽光発電設備はこの法律において「生産施設」に区分されていました。 しかし改正に伴い、発電設備を「生産施設」から、噴水や屋外運動場などと同様の「環境施設」とみなすよう変更。 これにより、発電設備のついたビルや工場などの建物は環境施設として扱われるようになったのです。   これは太陽光発電の導入が敷地内の緑地面積縮小につながるということ。 実質的な土地の拡大となり、新しく生まれたスペースをその事業者にあった形で活用することができるようになったのです。    -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2