◆かしこく太陽光発電するなら、蓄電池との併用がマスト!

 

せっかく太陽光発電システムを導入しても、

その恩恵を受けることができない時間帯の料金が高いのでは意味がありません。

 

しかも、今後は電力買取価格がどんどん下がります。

太陽光業界では、余剰売電の買取価格は

1kWhあたり7円まで下がると予測されています。

自家消費の割合を増やすことで出費を減らすのが、

かしこい活用法なのは言うまでもありません。

 

そのために有効なのが、蓄電池の設置です。

日中に貯めておいて、ピークタイムとなる夕方から夜にかけて放電することで

出費をかなり抑えることができます。

 

来年度から、家庭用蓄電池の導入で国から補助金を受けられることも決定しています。

[過去記事リンクhttp://eneleaks.com/?p=23622]

4月まではまだ時間がありますので、

今のうちにどの蓄電池が最適なのか検討を進めておきましょう!

 

(記:髙橋 秀和)

 

【最新版】どの蓄電池がお得?8社製品のコスパを徹底比較!

【朗報】来年度、家庭用蓄電池に国からの補助金が決定!その金額と条件とは?

 

スペックと価格だけじゃない!?

どんな使い方ができる?家電との相性は?補助金は何がある?太陽光発電を使える?

あなたにぴったりの蓄電池を提案します。

<p”>見積無料!!

 



http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_419,w_1024/v1511481905/115454_bmhe9b.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_793,w_793,x_573,y_0/h_150,w_150/v1511481905/115454_bmhe9b.jpgaltenergy貯めるoffgridhouse                                           ◆かしこく太陽光発電するなら、蓄電池との併用がマスト!   せっかく太陽光発電システムを導入しても、 その恩恵を受けることができない時間帯の料金が高いのでは意味がありません。   しかも、今後は電力買取価格がどんどん下がります。 太陽光業界では、余剰売電の買取価格は 1kWhあたり7円まで下がると予測されています。 自家消費の割合を増やすことで出費を減らすのが、 かしこい活用法なのは言うまでもありません。   そのために有効なのが、蓄電池の設置です。 日中に貯めておいて、ピークタイムとなる夕方から夜にかけて放電することで 出費をかなり抑えることができます。   来年度から、家庭用蓄電池の導入で国から補助金を受けられることも決定しています。 [過去記事リンクhttp://eneleaks.com/?p=23622] 4月まではまだ時間がありますので、 今のうちにどの蓄電池が最適なのか検討を進めておきましょう!   (記:髙橋 秀和)     スペックと価格だけじゃない!? どんな使い方ができる?家電との相性は?補助金は何がある?太陽光発電を使える? あなたにぴったりの蓄電池を提案します。 <p'>見積無料!!  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3