メリット1:太陽光は省エネ法対象外

 

省エネ法の規制対象は、原油や重油、可燃性天然ガス、石炭及びコークスなど。

太陽光などの非化石エネルギーは対象外のため、会社の消費電力を賄いながら

エネルギー消費原単位の低減につなげることができます。

 

メリット2:資本金1億円以下、従業員数1,000人以下なら税制優遇の対象に

 

とはいっても、太陽光発電設備の導入コストが気になる人もいるでしょう。

しかし、資本金1億円以下、従業員数1,000人以下であれば、

国の「中小企業経営強化税制」の対象となるのです。

東京都の企業であれば、さらに「中小企業者向け省エネ促進税制」の適用も受けられます。

ダブルで適用を受けられれば、かなりの節税効果があります。

エネリークスでもシミュレーションしていますので下記記事をご参照ください。

 

【経営者必見】太陽光発電の設置で税制優遇!重複適用可能なため、経営改善にも?

 

メリット3:工場立地法対策に効果的

 

工場立地法は、敷地内の緑地面積を20%以上に、

かつ緑地を含めて噴水や運動場などの環境施設を25%以上確保することを定めた法律です。

(敷地面積9,000㎡以上もしくは建築面積3,000㎡以上の工場が対象)

 

太陽光発電施設の設置面積は、環境施設面積として算入できるため、

工場立地法をクリアしやすくなります。

もちろん、社屋や工場の屋根に取り付けた分も面積として計算できます。

単に環境に寄与するだけでなく、電力を生むこともできる

太陽光発電システムは最適の設備投資ではないでしょうか。

 

メリット4:東京都環境確保条例対策にもなる

 

東京都では、年間エネルギー使用量1,500kl以上の

事業所に対してCO2削減を義務付けています。

削減義務を達成しない場合、関係書類の提出を怠った場合は

それぞれ15万円~50万円の罰金が発生します。

 

削減方法として、省エネ・創エネ設備の導入が認められているため、

太陽光発電システムの導入が有効な手段であることはいうまでもありません。

東京都内にある企業限定のメリットですが、要注目のポイントです。

 

いかがでしょうか。太陽光発電システムの導入が

省エネ法対策だけでなく、さまざまな面でメリットにつながることが

おわかりいただけたと思います。

 

オルテナジーでは、これらの関係法や関係条例を踏まえたうえで

省エネ法対策に最適なソリューションをご提案し、多数の実績を挙げてきました。

今後、お取引企業のナマの声を随時取り上げていきますので

ぜひ引き続きチェックしてください!

 

(記:高橋 秀和)


https://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1508739595/f22e2e8c39e9381cefd6e16626ba5068_s_ayyfzm.jpghttps://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1508739595/f22e2e8c39e9381cefd6e16626ba5068_s_ayyfzm.jpgaltenergy創る省くecology    メリット1:太陽光は省エネ法対象外   省エネ法の規制対象は、原油や重油、可燃性天然ガス、石炭及びコークスなど。 太陽光などの非化石エネルギーは対象外のため、会社の消費電力を賄いながら エネルギー消費原単位の低減につなげることができます。   メリット2:資本金1億円以下、従業員数1,000人以下なら税制優遇の対象に   とはいっても、太陽光発電設備の導入コストが気になる人もいるでしょう。 しかし、資本金1億円以下、従業員数1,000人以下であれば、 国の「中小企業経営強化税制」の対象となるのです。 東京都の企業であれば、さらに「中小企業者向け省エネ促進税制」の適用も受けられます。 ダブルで適用を受けられれば、かなりの節税効果があります。 エネリークスでもシミュレーションしていますので下記記事をご参照ください。   http://eneleaks.com/?p=23702   メリット3:工場立地法対策に効果的   工場立地法は、敷地内の緑地面積を20%以上に、 かつ緑地を含めて噴水や運動場などの環境施設を25%以上確保することを定めた法律です。 (敷地面積9,000㎡以上もしくは建築面積3,000㎡以上の工場が対象)   太陽光発電施設の設置面積は、環境施設面積として算入できるため、 工場立地法をクリアしやすくなります。 もちろん、社屋や工場の屋根に取り付けた分も面積として計算できます。 単に環境に寄与するだけでなく、電力を生むこともできる 太陽光発電システムは最適の設備投資ではないでしょうか。   メリット4:東京都環境確保条例対策にもなる   東京都では、年間エネルギー使用量1,500kl以上の 事業所に対してCO2削減を義務付けています。 削減義務を達成しない場合、関係書類の提出を怠った場合は それぞれ15万円~50万円の罰金が発生します。   削減方法として、省エネ・創エネ設備の導入が認められているため、 太陽光発電システムの導入が有効な手段であることはいうまでもありません。 東京都内にある企業限定のメリットですが、要注目のポイントです。   いかがでしょうか。太陽光発電システムの導入が 省エネ法対策だけでなく、さまざまな面でメリットにつながることが おわかりいただけたと思います。   オルテナジーでは、これらの関係法や関係条例を踏まえたうえで 省エネ法対策に最適なソリューションをご提案し、多数の実績を挙げてきました。 今後、お取引企業のナマの声を随時取り上げていきますので ぜひ引き続きチェックしてください!   (記:高橋 秀和)-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3