Pocket

 

実は、太陽光発電で生んだ電気をエコキュートで活用することによる効果は、

今年6月に科学技術機構(国立研究開発法人)が検証結果を発表しています。

 

[ヒートポンプ給湯機のデマンドレスポンス効果を評価

~太陽光発電の2019年度問題解決に期待~   ]

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1259/index.html

 

この検証では、以下の設定のもとでコストメリットを計算しています。

 

  • 夜間電力の単価        16円/kWh
  • FIT買取期間終了後の買取単価   10円/kWh

(FIT:固定価格買取制度)

 

この条件でエコキュートを最適運転させると、

年間でのコストメリットは5,786となっています。

月額にすると約482円お得というわけです。

 

ちなみに最適運転とは、晴れた日には余剰電力を使って

お湯を沸かすというものです。

この場合、高い気温化でエコキュートを使うことができるため、

エネルギー消費効率が高くなり、さらに、

お湯を作ってから使用までの時間が短いため、

通常の夜間にエコキュートを使うよりも平均11%の省エネになるそうです。

 

なお、科学技術機構は買取単価を10円/kWhとしていますが、

太陽光業界では7~8円/kWhまで下がるとの見方が大勢を占めています。

つまり、余剰電力をより安い電気として使えるため、コストメリットはさらに大きくなり、

少なくとも月額500円以上は電気代がお得になると考えて間違いないでしょう。

 

ここで忘れてはならないのが、来年度から経済産業省がスタートさせる補助金です。

先日、家庭用蓄電池に着目した記事をアップしましたが、

実はエコキュートも新たな国の補助金の対象となっているのです。

 

【朗報】来年度、家庭用蓄電池に国からの補助金が決定!その金額と条件とは?

 

つまり、すでに太陽光発電システムを設置している人にとっては、

FITによる買取期間終了後に自家消費へと切り替えることを見据えて

エコキュートの導入を検討する絶好の機会とも言えるのです。

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1508219137/087351_ysdin3.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_498,w_498,x_71,y_0/h_150,w_150/v1508219137/087351_ysdin3.jpgaltenergy節電蓄電simplelay  実は、太陽光発電で生んだ電気をエコキュートで活用することによる効果は、 今年6月に科学技術機構(国立研究開発法人)が検証結果を発表しています。   [ヒートポンプ給湯機のデマンドレスポンス効果を評価 ~太陽光発電の2019年度問題解決に期待~   ] http://www.jst.go.jp/pr/info/info1259/index.html   この検証では、以下の設定のもとでコストメリットを計算しています。   夜間電力の単価        16円/kWh FIT買取期間終了後の買取単価   10円/kWh (FIT:固定価格買取制度)   この条件でエコキュートを最適運転させると、 年間でのコストメリットは5,786円となっています。 月額にすると約482円お得というわけです。   ちなみに最適運転とは、晴れた日には余剰電力を使って お湯を沸かすというものです。 この場合、高い気温化でエコキュートを使うことができるため、 エネルギー消費効率が高くなり、さらに、 お湯を作ってから使用までの時間が短いため、 通常の夜間にエコキュートを使うよりも平均11%の省エネになるそうです。   なお、科学技術機構は買取単価を10円/kWhとしていますが、 太陽光業界では7~8円/kWhまで下がるとの見方が大勢を占めています。 つまり、余剰電力をより安い電気として使えるため、コストメリットはさらに大きくなり、 少なくとも月額500円以上は電気代がお得になると考えて間違いないでしょう。   ここで忘れてはならないのが、来年度から経済産業省がスタートさせる補助金です。 先日、家庭用蓄電池に着目した記事をアップしましたが、 実はエコキュートも新たな国の補助金の対象となっているのです。   http://eneleaks.com/?p=23622   つまり、すでに太陽光発電システムを設置している人にとっては、 FITによる買取期間終了後に自家消費へと切り替えることを見据えて エコキュートの導入を検討する絶好の機会とも言えるのです。  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3