「家庭用」(住宅用)と「産業用」の2種類に分かれている太陽光発電システム。

これは、住宅に「産業用」太陽光発電システムを設置できないという意味ではありません。

システムの発電出力が10kW未満の場合は「家庭用」(住宅用)、

10kW以上の場合は「産業用」となります。

 

この2つの大きな違いは、電気の買取方式と価格にあります。

 

「家庭用」(住宅用)は、家庭で消費されずに余った分は売ることができます。

これを余剰買取(余剰売電)といいます。

 

「産業用」は、発電した電気をすべて売ることができます。

全量買取(全量売電)と呼ばれ、発電した電気を家庭で消費することはできません。

※産業用でも余剰売電を選ぶことは可能ですが、

価格や固定買取価格の期間は全量売電と同じです。

 

余剰売電と全量売電は、買取価格が異なります。

また、太陽光発電の買取価格は年々下がっていますが、

設置した年度の価格が保証される期間(固定買取価格期間)は

余剰売電が10年間、全量売電が20年間となっています。

 

ここまでは、太陽光発電システムを活用して売電するときの基礎知識です。

現実的には、10kWというのは実に絶妙なライン。

屋根の広さの問題もあり、10kW前後で迷う人は少なくありません。

しかも、買取価格は毎年下がっていて、どちらがお得かわかりにくくなっています。

 

 

そこで、今年、新たに太陽光発電システムを設置した場合、

余剰売電と全量売電ではどちらがお得になるのか、シミュレーションしてみました!

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1504241215/57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s_umbp16.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_446,w_446,x_97,y_0/h_150,w_150/v1504241215/57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s_umbp16.jpgaltenergy創る    「家庭用」(住宅用)と「産業用」の2種類に分かれている太陽光発電システム。 これは、住宅に「産業用」太陽光発電システムを設置できないという意味ではありません。 システムの発電出力が10kW未満の場合は「家庭用」(住宅用)、 10kW以上の場合は「産業用」となります。   この2つの大きな違いは、電気の買取方式と価格にあります。   「家庭用」(住宅用)は、家庭で消費されずに余った分は売ることができます。 これを余剰買取(余剰売電)といいます。   「産業用」は、発電した電気をすべて売ることができます。 全量買取(全量売電)と呼ばれ、発電した電気を家庭で消費することはできません。 ※産業用でも余剰売電を選ぶことは可能ですが、 価格や固定買取価格の期間は全量売電と同じです。   余剰売電と全量売電は、買取価格が異なります。 また、太陽光発電の買取価格は年々下がっていますが、 設置した年度の価格が保証される期間(固定買取価格期間)は 余剰売電が10年間、全量売電が20年間となっています。   ここまでは、太陽光発電システムを活用して売電するときの基礎知識です。 現実的には、10kWというのは実に絶妙なライン。 屋根の広さの問題もあり、10kW前後で迷う人は少なくありません。 しかも、買取価格は毎年下がっていて、どちらがお得かわかりにくくなっています。     そこで、今年、新たに太陽光発電システムを設置した場合、 余剰売電と全量売電ではどちらがお得になるのか、シミュレーションしてみました!  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3