クリーンエネルギーへの貢献、地球環境の保護、省エネ・省マネ……。

誰もが、高い志を持って自家発電や売電に取り組みます。

自分の設備で自家発電して、余剰の電力を電力会社に販売できる、

一見夢のような話です。

 

広告もよく見ますし、売電に成功している先駆者の噂話もちらほら聞こえてきます。

ところがその逆の話もあるようです。

「予想外の費用がかかった!」「後一歩のところで足をすくわれた!」などです。

 

これら最も大きな落とし穴となっているのが『電力会社との連系工事負担金』です。

耳にしたことがありますか?

 

自家発電システムで得られた電力を売電するには、

系統と呼ばれる電力会社の電力網に接続しなければなりません。

これを「系統連系」と呼びます。

そのためには物理的な工事が必要になり、

10kW以上の全量買い取りの場合には、

その工事費用は、すべてお客様、

すなわち、電気を販売しようとする設置者側の負担となります

この費用を支払わない限り電気を売ることはできません。

 

しかし、その『電力会社との連系工事負担金』が不透明なため、

とんでもない金額を示されることもあるのです。

以下、それらの実例をご紹介しましょう。

 


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1503491509/3d49f4a6e1b140956a21579552111705_ul31j3.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_427,w_427,x_106,y_0/h_150,w_150/v1503491509/3d49f4a6e1b140956a21579552111705_ul31j3.jpgaltenergy実録シリーズcostdown    クリーンエネルギーへの貢献、地球環境の保護、省エネ・省マネ……。 誰もが、高い志を持って自家発電や売電に取り組みます。 自分の設備で自家発電して、余剰の電力を電力会社に販売できる、 一見夢のような話です。   広告もよく見ますし、売電に成功している先駆者の噂話もちらほら聞こえてきます。 ところがその逆の話もあるようです。 「予想外の費用がかかった!」「後一歩のところで足をすくわれた!」などです。   これら最も大きな落とし穴となっているのが『電力会社との連系工事負担金』です。 耳にしたことがありますか?   自家発電システムで得られた電力を売電するには、 系統と呼ばれる電力会社の電力網に接続しなければなりません。 これを「系統連系」と呼びます。 そのためには物理的な工事が必要になり、 10kW以上の全量買い取りの場合には、 その工事費用は、すべてお客様、 すなわち、電気を販売しようとする設置者側の負担となります。 この費用を支払わない限り電気を売ることはできません。   しかし、その『電力会社との連系工事負担金』が不透明なため、 とんでもない金額を示されることもあるのです。 以下、それらの実例をご紹介しましょう。  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3