5.専門業者(自社施工・外注施工)

 

施工販売を手がけている太陽光発電専門業者には、

工事を自社で行う「自社施工」と

下請けに工事を委託する「外注施工」の2つのタイプがあります。

 

実は、太陽光発電システムの販売には許認可が必要ないため、

専門業者の多数は「外注施工」です。

しかし、外注すればその分費用が上乗せされるのは、他の例でもご紹介してきたとおり。

当然、「自社施工」のほうが価格を安く抑えられます。

 

なお、太陽光発電システムの工事を実施する業者は「登録電気工事業者」に登録し、

「第二種電気工事士」の資格者が所属している必要があります。

また、工事の価格が500万円以上になる場合は

都道府県知事による「建設業許可」も必要となっているなど、

一定以上の技術レベルも求められます。

中間マージンが発生せず、ワンストップで販売から施工まで担当してくれるので、

デメリットも非常に少ないといえるでしょう。

 

あえて難点を挙げるならば、そうした自社施工の会社を

簡単に見つけ出す方法がないということでしょうか。

「太陽光発電」「第二種電気工事士」などのキーワードを組み合わせて

ネット検索してみるのがおすすめですが、

気軽に見つけたいという人には向いていないかもしれません。


以上、太陽光発電システムの主な購入先5つの

メリット・デメリットをご紹介してきました。いかがでしょうか?

簡単なまとめを以下の一覧表にしましたので、

ぜひ購入先選びの参考にしてみてください!

 

(記:高橋秀和)


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1500966467/1_j490d6.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_426,w_426,x_107,y_0/h_150,w_150/v1500966467/1_j490d6.jpgeneleaks創る5.専門業者(自社施工・外注施工)   施工販売を手がけている太陽光発電専門業者には、 工事を自社で行う「自社施工」と 下請けに工事を委託する「外注施工」の2つのタイプがあります。   実は、太陽光発電システムの販売には許認可が必要ないため、 専門業者の多数は「外注施工」です。 しかし、外注すればその分費用が上乗せされるのは、他の例でもご紹介してきたとおり。 当然、「自社施工」のほうが価格を安く抑えられます。   なお、太陽光発電システムの工事を実施する業者は「登録電気工事業者」に登録し、 「第二種電気工事士」の資格者が所属している必要があります。 また、工事の価格が500万円以上になる場合は 都道府県知事による「建設業許可」も必要となっているなど、 一定以上の技術レベルも求められます。 中間マージンが発生せず、ワンストップで販売から施工まで担当してくれるので、 デメリットも非常に少ないといえるでしょう。   あえて難点を挙げるならば、そうした自社施工の会社を 簡単に見つけ出す方法がないということでしょうか。 「太陽光発電」「第二種電気工事士」などのキーワードを組み合わせて ネット検索してみるのがおすすめですが、 気軽に見つけたいという人には向いていないかもしれません。 以上、太陽光発電システムの主な購入先5つの メリット・デメリットをご紹介してきました。いかがでしょうか? 簡単なまとめを以下の一覧表にしましたので、 ぜひ購入先選びの参考にしてみてください!   (記:高橋秀和)-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3 4