1.訪問販売会社

 

太陽光発電システムと聞けば、訪問販売をイメージする人が多いのではないでしょうか。

実際、太陽光発電販売市場の中心を担ってきたのは訪問販売会社で、

現在でもマーケットの7割を占めているといわれています。

 

訪問販売は、細かいところまで直接話を聞けるのが最大のメリットです。

パンフレットに書かれている専門的な内容がわかりづらくても、

直接話をすることで理解しやすくなります。

 

しかし、これはデメリットでもあります。

販売員が一方的に話を進めてしまい、

内容を理解できないまま契約してしまうリスクがあるからです。

中には相場よりも高額な契約を結ばせたり、説明と異なるシステムを取り付けたりする

悪質な業者も多いのが現実で、国民生活センターに寄せられる太陽光発電システムの

トラブル相談は約6割が訪問販売に関する内容です

 

また、会社への利益以外に、

販売員の歩合給や営業活動の費用を上乗せしなければならないため、

価格が多少割高になるのも訪問販売会社のデメリットです。

 

2.一括見積りサイト

 

太陽光発電についてネット検索すると、上位に出てくるのが「一括見積りサイト」です。

「タイナビ」「太陽光発電システム見積比較.com」などがよく使われています。

複数の業者の価格を無料で比較・検討できるので、相場を知るのに適しています。

 

ただし、いくつもの業者から電話がかかってきますので、対応が少し面倒なのが難点です。

また、価格のみで判断してしまいがちになるので、注意が必要です。

太陽光発電システムは確かに安い買い物ではないため、価格が気になるのは当然ですが、

家屋に取り付けるのですから、安全性や信頼性などを総合的に判断して決めたいもの。

価格だけを見るのではなく、

届いた見積書や業者の対応もしっかりと見ることを忘れないようにしたいものです。

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1500966467/1_j490d6.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_426,w_426,x_107,y_0/h_150,w_150/v1500966467/1_j490d6.jpgeneleaks創る  1.訪問販売会社   太陽光発電システムと聞けば、訪問販売をイメージする人が多いのではないでしょうか。 実際、太陽光発電販売市場の中心を担ってきたのは訪問販売会社で、 現在でもマーケットの7割を占めているといわれています。   訪問販売は、細かいところまで直接話を聞けるのが最大のメリットです。 パンフレットに書かれている専門的な内容がわかりづらくても、 直接話をすることで理解しやすくなります。   しかし、これはデメリットでもあります。 販売員が一方的に話を進めてしまい、 内容を理解できないまま契約してしまうリスクがあるからです。 中には相場よりも高額な契約を結ばせたり、説明と異なるシステムを取り付けたりする 悪質な業者も多いのが現実で、国民生活センターに寄せられる太陽光発電システムの トラブル相談は約6割が訪問販売に関する内容です   また、会社への利益以外に、 販売員の歩合給や営業活動の費用を上乗せしなければならないため、 価格が多少割高になるのも訪問販売会社のデメリットです。   2.一括見積りサイト   太陽光発電についてネット検索すると、上位に出てくるのが「一括見積りサイト」です。 「タイナビ」「太陽光発電システム見積比較.com」などがよく使われています。 複数の業者の価格を無料で比較・検討できるので、相場を知るのに適しています。   ただし、いくつもの業者から電話がかかってきますので、対応が少し面倒なのが難点です。 また、価格のみで判断してしまいがちになるので、注意が必要です。 太陽光発電システムは確かに安い買い物ではないため、価格が気になるのは当然ですが、 家屋に取り付けるのですから、安全性や信頼性などを総合的に判断して決めたいもの。 価格だけを見るのではなく、 届いた見積書や業者の対応もしっかりと見ることを忘れないようにしたいものです。  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-

1 2 3 4