これらの「ピークカット」システムですが、もっと効率的な方法があります。

84c5db7eb29763c329c763205f3eb796_s

それが「自家消費型太陽光発電システム」の導入です。

もちろん蓄電池との併設が望ましいのですが、企業の規模によってはこの「自家消費型太陽光発電システム」の導入のみで

省エネのみならず、様々な効果を得る事ができます。

その優れた効果とは…

 

「まず、蓄電池より導入コストが安い」

「設備の導入に対しての補助金に恵まれている」

「買うより創る方が電力発電コストが安い。」

「電力会社による出力抑制の影響を受けない」

「状況によっては、停電・災害時に事業を継続できる」

「パネルの遮熱効果で屋根下温度を下げ、室内の空調費を削減できる」

「省エネ法対策として有効な設備」

「経産省や電力会社のスケジュールに左右されにくい」

 

と、色々ありますが、(蓄電池導入)や(FITでの太陽光発電システム)と比べてもメリットは多いのではないでしょうか。

特に特筆すべきは補助金ではないでしょうか。

経産省の平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)

の2次公募も発表になりましたが、補助金の併用など、上手く活用する事で事業費の半分以上を補助金で賄う事も可能となります。

補助金と併せ「中小企業等経営強化法」など、税制優遇も受けられますので、導入に関しては利点が多い設備となります。

 

電気代の削減でお悩みの工場、企業経営者様、「自家消費型太陽光システム」の導入はいかがでしょうか!

 

(記:高橋 努)

 

 

 

 

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1498828024/84c5db7eb29763c329c763205f3eb796_s-1_eljvqz.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_480,w_480,x_80,y_0/h_150,w_150/v1498828024/84c5db7eb29763c329c763205f3eb796_s-1_eljvqz.jpgeneleaks貯めるこれらの「ピークカット」システムですが、もっと効率的な方法があります。 それが「自家消費型太陽光発電システム」の導入です。 もちろん蓄電池との併設が望ましいのですが、企業の規模によってはこの「自家消費型太陽光発電システム」の導入のみで 省エネのみならず、様々な効果を得る事ができます。 その優れた効果とは…   「まず、蓄電池より導入コストが安い」 「設備の導入に対しての補助金に恵まれている」 「買うより創る方が電力発電コストが安い。」 「電力会社による出力抑制の影響を受けない」 「状況によっては、停電・災害時に事業を継続できる」 「パネルの遮熱効果で屋根下温度を下げ、室内の空調費を削減できる」 「省エネ法対策として有効な設備」 「経産省や電力会社のスケジュールに左右されにくい」   と、色々ありますが、(蓄電池導入)や(FITでの太陽光発電システム)と比べてもメリットは多いのではないでしょうか。 特に特筆すべきは補助金ではないでしょうか。 経産省の「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業) の2次公募も発表になりましたが、補助金の併用など、上手く活用する事で事業費の半分以上を補助金で賄う事も可能となります。 補助金と併せ「中小企業等経営強化法」など、税制優遇も受けられますので、導入に関しては利点が多い設備となります。   電気代の削減でお悩みの工場、企業経営者様、「自家消費型太陽光システム」の導入はいかがでしょうか!   (記:高橋 努)          -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2