下は太陽光発電業者の倒産に関する記事です。

「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多を更新した。2016年度(4-3月)の倒産は68件に達し、これまで最多だった2015年度の61件を7件(前年同期比11.5%増)上回った。

㈱東京商工リサーチより

このデータを見ても、前出の憶測はあながち間違っていないと思います。

 

今回の改正FIT法では、「運転済案件」で太陽光発電を導入した販売店が倒産や撤退をした場合でも、

オーナー自身の責任で必ず行わなくてはいけない事があります。

大きく分けると「事業計画書の提出」「情報掲示」「柵堀設置」です。

分かりやすいように設置方法、容量別に図にまとめてみました。

hyou

「運転済案件」のオーナー様、これだけは、必ずおさえておいてください。

 

それぞれ実行や提出までの期限が違いますが、これらを行わないと取得済の権利は遅かれ早かれ失効します。

つまり売電ができなくなるという事です。

オーナーが一番避けなくてはいけない事です。

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1497849308/saku_hd084w_by8ohu.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_669,w_669,x_65,y_0/h_150,w_150/v1497849308/saku_hd084w_by8ohu.jpgeneleaks創る下は太陽光発電業者の倒産に関する記事です。 「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多を更新した。2016年度(4-3月)の倒産は68件に達し、これまで最多だった2015年度の61件を7件(前年同期比11.5%増)上回った。 ㈱東京商工リサーチより このデータを見ても、前出の憶測はあながち間違っていないと思います。   今回の改正FIT法では、「運転済案件」で太陽光発電を導入した販売店が倒産や撤退をした場合でも、 オーナー自身の責任で必ず行わなくてはいけない事があります。 大きく分けると「事業計画書の提出」、「情報掲示」、「柵堀設置」です。 分かりやすいように設置方法、容量別に図にまとめてみました。 「運転済案件」のオーナー様、これだけは、必ずおさえておいてください。   それぞれ実行や提出までの期限が違いますが、これらを行わないと取得済の権利は遅かれ早かれ失効します。 つまり売電ができなくなるという事です。 オーナーが一番避けなくてはいけない事です。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3