ただ補助金が出るのは決して悪いことではありません。
それでは住宅リフォームを検討している方で、ZEH対応のリフォームを補助金をもらって
実施したほうがもしかしたらお得では?とお考えの方もいるかもしれません。
次はZEHリフォームをする場合にどんな工事が必要か見てみましょう

ZEHリフォーム

ZEHリフォームの補助対象設備

【補助金対象設備】

  • 断熱材・・・築年数やハウスメーカーで変わります。築10年くらいなら、外皮性能を基準以下にするための工事でクリアする場合もありますが、
    築年数が古ければ、断熱材が入っていない可能性もあり、このような住宅は建て替えと同じくらいのコストがかかる可能性があります。
  • 断熱サッシ・・・例)一般的な窓《幅162:高さ90》普通のサッシ価格¥15,000に対して、断熱サッシ価格¥64,000と4倍以上の価格差があります。

断熱サッシは、サッシの枠部分とサッシの建具とをエアタイトと呼ばれる方法で気密性を向上させ、複層ガラスを入れ、さらに断熱性能を向上させています。

  • 省エネの空調設備・・・例)冷房暖房能力÷冷房暖房の消費電力=APF(基準エネルギー消費効率)が、省エネルギー評価基準をクリアしているものになります。

また、「通気」「換気」を行う為の24時間換気システム、もしくは窓の追加リフォーム等が必要になります。

  • 省エネの給湯設備・・・エコジョーズ(約40万)、エコキュート(70万~90万)、エコウィル(約80万)、エネファーム(約300万)などの設備導入が必須です。
  • 省エネの照明設備・・・建物面積30坪でLEDにリフォームした場合で5万~7万の費用です。

また、自然の光を取り入れる為の明り取り窓などを追加リフォームする事でも可能です。


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/v1478849513/d527acd2f274c711d3ce0fc174707470_gxvbap.pnghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_38,w_150,x_20,y_0/v1478849513/d527acd2f274c711d3ce0fc174707470_gxvbap.pngaltenergy省くただ補助金が出るのは決して悪いことではありません。 それでは住宅リフォームを検討している方で、ZEH対応のリフォームを補助金をもらって 実施したほうがもしかしたらお得では?とお考えの方もいるかもしれません。 次はZEHリフォームをする場合にどんな工事が必要か見てみましょう ZEHリフォーム ZEHリフォームの補助対象設備 【補助金対象設備】 断熱材・・・築年数やハウスメーカーで変わります。築10年くらいなら、外皮性能を基準以下にするための工事でクリアする場合もありますが、 築年数が古ければ、断熱材が入っていない可能性もあり、このような住宅は建て替えと同じくらいのコストがかかる可能性があります。 断熱サッシ・・・例)一般的な窓《幅162:高さ90》普通のサッシ価格¥15,000に対して、断熱サッシ価格¥64,000と4倍以上の価格差があります。 断熱サッシは、サッシの枠部分とサッシの建具とをエアタイトと呼ばれる方法で気密性を向上させ、複層ガラスを入れ、さらに断熱性能を向上させています。 省エネの空調設備・・・例)冷房暖房能力÷冷房暖房の消費電力=APF(基準エネルギー消費効率)が、省エネルギー評価基準をクリアしているものになります。 また、「通気」「換気」を行う為の24時間換気システム、もしくは窓の追加リフォーム等が必要になります。 省エネの給湯設備・・・エコジョーズ(約40万)、エコキュート(70万~90万)、エコウィル(約80万)、エネファーム(約300万)などの設備導入が必須です。 省エネの照明設備・・・建物面積30坪でLEDにリフォームした場合で5万~7万の費用です。 また、自然の光を取り入れる為の明り取り窓などを追加リフォームする事でも可能です。-再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3 4