住宅の保証がなくなってしまう事が理由で太陽光発電の設置を諦めてしまった方が多いと聞きます。
住宅建築をするハウスメーカー、ビルダー、工務店は構造耐力上主要な部分や、
雨水の浸入を防止する部分には10年間の保証(品質確保)をする事が法律で義務付けられています。
確かに、その中には屋根や外壁も含まれていますが、住宅の屋根に太陽光発電を設置した場合、実際この保証はどうなってしまうのでしょう。

ハウスメーカー、ビルダー3社様にお問合せをさせて頂きました。

質問させていただいたのは以下の2点になります。

問①新築施工時に太陽光発電システムを設置した場合、屋根に対する保証はどうなりますか?

問②既築住宅に太陽光発電システムを設置した場合、屋根への保証はどうなりますか?

pixta_17311663_m

 

スウェーデンハウス株式会社
http://www.swedenhouse.co.jp/

①②スエーデンハウスでは新築施工後に太陽光発電システムを設置することはほとんど無いとのお話でした。
もし他社で太陽光発電を設置した場合は屋根保証は無くなるそうです。
自社設置する場合は、屋根保証と太陽光設置に起因する損害補償を分けるとの事。
屋根保証は継続しますが、太陽光発電設置が原因での損害は太陽光発電設置業者が補償しますとのことでした。
新築のアフターフォローはスウェーデンハウスリフォーム社が担当しますとのこと。

 

株式会社西東京建設(クレバリーホームFC)

・株式会社西東京建設 http://www.wellhomes.co.jp/
・株式会社新昭和 クレバリーホーム http://www.cleverlyhome.com/

①新築時にクレバリーホームで太陽光発電システムを設置すると屋根保証は付帯するそうです。
①②ともに他社で太陽光発電システムを設置した場合は屋根保証は継続できなくなります。
ただし例外として屋根に穴をあけない「シンプル・レイ」工法での設置に限り、新築の場合、は屋根保証が付帯されます。
既築であっても、都度協議には、なりますが屋根保証は継続されるケースが多いとの事です。ご相談くださいとのことでした。

 

エースホーム株式会社
http://www.acehome.co.jp/

①新築時に太陽光発電システムを設置しても屋根保証は付帯するそうです。
ただ屋根保証と太陽光発電システム設置に起因する損害保証については分けて考えているとのことです。
太陽光発電の設置業者は太陽光設置に起因する損害を補償し、屋根の保証はエースホームが補償するとの事です。
②既築で太陽光発電を設置した場合も同様で、屋根保証と太陽光発電の施工保証を分けているそうです。

 

 

【総括】

やはり各社、屋根保証が継続できるケースと継続出来ないケースに分かれました。
ただ実際お話しをお聞きすると営業所や担当者によって変わってくる事も多そうです。
あきらめずにハウスメーカーやビルダー、工務店の担当者に相談してみる事も大事だと感じました。

また、太陽光を設置した方にお聞きすると実際に屋根にどう取り付けるかを知らなかったと言う方が結構います。
まさか屋根に穴をあけるとは思っても見なかったという方もいます。
一度あけてしまった穴はふさがりません。
保証の継続の有無はもちろん大事なことですが、どういう取り付け方をするのか、
事前に把握することも大切ではないでしょうか?

 


http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_682,w_1024/v1483680475/pixta_24969646_M_m6lgdb.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_1333,w_1333,x_333,y_0/h_150,w_150/v1483680475/pixta_24969646_M_m6lgdb.jpgeneleaks守る住宅の保証がなくなってしまう事が理由で太陽光発電の設置を諦めてしまった方が多いと聞きます。 住宅建築をするハウスメーカー、ビルダー、工務店は構造耐力上主要な部分や、 雨水の浸入を防止する部分には10年間の保証(品質確保)をする事が法律で義務付けられています。 確かに、その中には屋根や外壁も含まれていますが、住宅の屋根に太陽光発電を設置した場合、実際この保証はどうなってしまうのでしょう。 ハウスメーカー、ビルダー3社様にお問合せをさせて頂きました。 質問させていただいたのは以下の2点になります。 問①新築施工時に太陽光発電システムを設置した場合、屋根に対する保証はどうなりますか? 問②既築住宅に太陽光発電システムを設置した場合、屋根への保証はどうなりますか?   スウェーデンハウス株式会社 http://www.swedenhouse.co.jp/ ①②スエーデンハウスでは新築施工後に太陽光発電システムを設置することはほとんど無いとのお話でした。 もし他社で太陽光発電を設置した場合は屋根保証は無くなるそうです。 自社設置する場合は、屋根保証と太陽光設置に起因する損害補償を分けるとの事。 屋根保証は継続しますが、太陽光発電設置が原因での損害は太陽光発電設置業者が補償しますとのことでした。 新築のアフターフォローはスウェーデンハウスリフォーム社が担当しますとのこと。   株式会社西東京建設(クレバリーホームFC) ・株式会社西東京建設 http://www.wellhomes.co.jp/ ・株式会社新昭和 クレバリーホーム http://www.cleverlyhome.com/ ①新築時にクレバリーホームで太陽光発電システムを設置すると屋根保証は付帯するそうです。 ①②ともに他社で太陽光発電システムを設置した場合は屋根保証は継続できなくなります。 ただし例外として屋根に穴をあけない「シンプル・レイ」工法での設置に限り、新築の場合、は屋根保証が付帯されます。 既築であっても、都度協議には、なりますが屋根保証は継続されるケースが多いとの事です。ご相談くださいとのことでした。   エースホーム株式会社 http://www.acehome.co.jp/ ①新築時に太陽光発電システムを設置しても屋根保証は付帯するそうです。 ただ屋根保証と太陽光発電システム設置に起因する損害保証については分けて考えているとのことです。 太陽光発電の設置業者は太陽光設置に起因する損害を補償し、屋根の保証はエースホームが補償するとの事です。 ②既築で太陽光発電を設置した場合も同様で、屋根保証と太陽光発電の施工保証を分けているそうです。     【総括】 やはり各社、屋根保証が継続できるケースと継続出来ないケースに分かれました。 ただ実際お話しをお聞きすると営業所や担当者によって変わってくる事も多そうです。 あきらめずにハウスメーカーやビルダー、工務店の担当者に相談してみる事も大事だと感じました。 また、太陽光を設置した方にお聞きすると実際に屋根にどう取り付けるかを知らなかったと言う方が結構います。 まさか屋根に穴をあけるとは思っても見なかったという方もいます。 一度あけてしまった穴はふさがりません。 保証の継続の有無はもちろん大事なことですが、どういう取り付け方をするのか、 事前に把握することも大切ではないでしょうか?  -再生可能エネルギーの総合情報サイト-