「電気を使わなければ良い」

 

 

 

ある意味正解です。

 

なぜなら賦課金は使用した電力量に応じて課せられるからです。
でも節電にも限界がありますよね。
これから家族が増える方もいらっしゃいます。
夏場の冷房や冬場の暖房など、電気がない生活に戻れないのが現状だと思います。
実は、今の生活スタイルを変えずとも、賦課金を減らす(場合によってはゼロにする)方法が1つだけあります。

 

それは「太陽光発電を導入する」ということです。

 

なぜ太陽光発電の導入が賦課金削減につながるのか?
詳細はまた次回。

次回まで待てないという方は一度お問合せ下さい。

 

続編を更新しました是非ご覧ください(2016.12.8)

「再生エネルギー発電促進賦課金」を削減する方法をお教えします(回答編)

 

(記:田中圭亮)

 

simple2   

 

http://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/h_647,w_1024/v1479789518/pixta_10795372_M_hmkatn.jpghttp://res.cloudinary.com/hv7dr7rdf/image/upload/c_crop,h_1264,w_1264,x_368,y_0/h_150,w_150/v1479789518/pixta_10795372_M_hmkatn.jpgaltenergy省く    「電気を使わなければ良い」       ある意味正解です。   なぜなら賦課金は使用した電力量に応じて課せられるからです。 でも節電にも限界がありますよね。 これから家族が増える方もいらっしゃいます。 夏場の冷房や冬場の暖房など、電気がない生活に戻れないのが現状だと思います。 実は、今の生活スタイルを変えずとも、賦課金を減らす(場合によってはゼロにする)方法が1つだけあります。   それは「太陽光発電を導入する」ということです。   なぜ太陽光発電の導入が賦課金削減につながるのか? 詳細はまた次回。 次回まで待てないという方は一度お問合せ下さい。   続編を更新しました是非ご覧ください(2016.12.8) http://eneleaks.com/?p=11592   (記:田中圭亮)        -再生可能エネルギーの総合情報サイト-
1 2 3

あなたにお勧めの記事はこちら